fitfit

デザイン性と履き心地の両立を叶えた「fitfit(フィットフィット)」のヒールニーカー。


「デザイン性に満足して靴を購入したけれど、実際に履いてみたら足が痛くなってしまった……」そんな経験、誰しも一度は経験しているのではないでしょうか? また、外反母趾といったお悩みを抱えている方は、自身に合う靴を探すのさえひと苦労だったりします。

そこでイチオシしたいのが、外反母趾の方にも優しいシューズを生み出している「fitfit(フィットフィット)」の「レザーバックルヒールニーカー」です。5.5cmのヒールにこだわった「ヒールニーカー」シリーズは、「履き心地も重視したいけど、やっぱりおしゃれなヒールが履きたい」という数多くの声を受けて誕生しました。
 
   

中底をなくした走れるヒール

 
fitfit

ヒールニーカーは、ソールの爪先部分の親指側を高く、小指側を低く設計されているため、足指の自然なラインに沿ってフィット


ヒールニーカーは、一般的な靴の木型と比較して、センターラインが親指寄りに設定されています。そのため親指が圧迫されず、外反母趾の方でも足の痛みが気になりません

硬い中底がなく、ゴム素材を成型した一体型ソールの「モールドソール」にアッパーを被せることで返りが良く、長時間履いても疲れにくい作りになっています。

実際に試してみましたが、ソールが柔らかくクッション性が抜群で、弾むような履き心地が特徴です。また、足裏の動きに合わせてしなやかに靴が曲がるので、ヒールでも歩くのが苦にならず、また走ることもできる一足です。

 

抜群の安定感を誇るシューズ


fitfit

ヒールが5.5㎝あるのに、安定度のある作り。


かかとの真下にヒールがあるので、安定感のある作りになっています。さらに、インソールでもかかとの高さがそれほどないので、ヒール高が5.5cmあることが気にならないのが高ポイント。
 
fitfit

オフィスやオケージョンシーンにも似合う、新しいパンプス「ヒールニーカー」。


ふっくらとしたプレーンカット、そして、フロント部分にエナメルの革バックルが施されており、スタイリッシュな印象で、スクエアトゥデザインが、品の良さを感じさせます。バックルは同色ながら異素材なので、動きとアクセントの両方を叶えてくれます。

ブランドの創業は、外反母趾に悩み、おしゃれな靴は痛くて履けなかったことがきっかけ。街中にある外反母趾用の靴は幅広でデザイン性に欠けるものが多いという現実に愕然として、2011年に立ち上がったのが「フィットフィット」です。

多くの女性のお悩みを解決してくれる、ヒールなのにスニーカーのような履き心地のヒールニーカーを、気になる方はぜひ試してみてくださいね。

 

DATA
fitfit┃レザーバックルヒールニーカー

サイズ:21.5~25.0cm
カラー:ピンクベージュ、グレーパターン、ブラック、マスタード
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。