ハーレーダビッドソン最新の2018年モデル解説

ハーレー2018年モデル情報を完全網羅

ハーレー2018年モデル情報を完全網羅


2018年に115周年を迎えるアメリカのモーターサイクルメーカー・ハーレーダビッドソン。クラシカルな佇まいはそのままに近代化する最新のハーレーのラインナップと各モデルのキャラクターをご紹介しましょう。

新設計フレームで新たな時代を担うソフテイル(SOFTAIL)ファミリー

リジッドフレームのスタイルを現代に継承するソフテイルフレーム

リジッドフレームのスタイルを現代に継承するソフテイルフレーム


世界のあらゆる乗り物に備わる「サスペンション」という概念が存在しなかった1940年代以前、ハーレーダビッドソンはサスペンションを持たない「リジッドフレーム」(ハードテイル)と呼ばれるリアホイールを起点としたトライアングル型フレームを用いていました。2018年、形状こそリジッド型ながら、シート下に特殊なサスペンションを内蔵した現代版リジッド型フレーム「ソフテイルフレーム」(ハードテイルに対してソフトテイルの意味から)を備えたソフテイルファミリーがフルリニューアルを果たしたのです。古き良き時代のスタイルを受け継ぎつつも最新システムを備えた、現代のハーレーダビッドソンの象徴とも言うべきカテゴリーですね。

▼ブレイクアウト
ハーレーダビッドソン・ブレイクアウト(ソフテイルファミリー)

ハーレーダビッドソン・ブレイクアウト(ソフテイルファミリー)


チョッパースタイルを表す「FXスタイル」(大径フロントタイヤが前方に突き出ているスタイル)の代表格ブレイクアウト。そのロー&ロングフォルムが生み出す直線番長な走りは、いかにもアメリカらしい潔さすら漂います。2018年モデルよりデジタルメーターを備えるなど近代化が進んだモデルです。

メーカー希望小売価格(税込):
(ミルウォーキーエイト107)245万9,000円~250万1,000円
(ミルウォーキーエイト114)273万4,000円~281万4,000円

▼ファットボーイ
ハーレーダビッドソン・ファットボーイ(ソフテイルファミリー)

ハーレーダビッドソン・ファットボーイ(ソフテイルファミリー)


映画「ターミネーター2」(1991年公開)でアーノルド・シュワルツェネッガー扮するターミネーターが革ジャン&サングラスで乗りこなす姿から一気に人気に火がついたファットボーイ。今回の新型化で近代的なデザインとよりファットな足回りを手に入れ、一層太っちょの名にふさわしいスタイルへと昇華した一台です。

メーカー希望小売価格(税込):
(ミルウォーキーエイト107)233万8,000円~241万8,000円
(ミルウォーキーエイト114)261万3,000円~269万3,000円

▼ヘリテイジクラシック
ハーレーダビッドソン・ヘリテイジクラシック(ソフテイルファミリー)

ハーレーダビッドソン・ヘリテイジクラシック(ソフテイルファミリー)


「遺産」の名のとおり、古くからハーレーダビッドソンのあるべき旅バイクとしてのスタイルを継承する伝統のモデル。ハイパワーなエンジンとスポーティなフレームを手に入れ、ハーレーでの旅が一層楽しめるバイクへと進化しました。そのノスタルジックな雰囲気を支持するファンも少なくありません。

メーカー希望小売価格(税込):
(ミルウォーキーエイト107)251万8,000円~259万8,000円
(ミルウォーキーエイト114)279万3,000円~287万3,000円

▼デラックス
ハーレーダビッドソン・デラックス(ソフテイルファミリー)

ハーレーダビッドソン・デラックス(ソフテイルファミリー)


ヘリテイジと同じく四半世紀から成る伝統のスタイルを継承するデラックス。スポットライトを備えたラウンドヘッドライトにトゥームストーン(墓石)テールランプ、前後16インチのスポークホイールにホワイトリボンタイヤと、1960年代FLスタイルそのままを再現しています。今流行りのブラックカスタムではなく、クロームパーツで高級感を演出しているところも魅力のポイントですね。

メーカー希望小売価格(税込):243万8,000円~251万8,000円

▼ソフテイルスリム
ハーレーダビッドソン・ソフテイルスリム(ソフテイルファミリー)

ハーレーダビッドソン・ソフテイルスリム(ソフテイルファミリー)


1950年代アメリカで流行したダートトラックレーサー「ボバー」スタイルを体現するスポーツソフテイル。このソフテイルファミリーの中でもっとも軽量なので、新型エンジン・ミルウォーキーエイトのパワーを余すところなく味わえるところも特徴のひとつです。ビンテージルックなスタイルを重視したい人にオススメですね。



メーカー希望小売価格(税込):226万8,000円~231万円

▼スポーツグライド
ハーレーダビッドソン・スポーツグライド(ソフテイルファミリー)

ハーレーダビッドソン・スポーツグライド(ソフテイルファミリー)


取り外し可能なフロントフェアリングとパニアケースを備えた、一台でツーリングとロードスポーツを楽しめる美味しいモデル。ネイキッドにしてしまえばハーレーらしいチョッパーライクなスタイルが生み出せ、それでいて最新エンジンと現代スポーツバイクにふさわしいフットワークを備えているので、そのときの気分で楽しみ方を変えることができます。

メーカー希望小売価格(税込):227万5,400円~231万7,400円

▼ファットボブ
ハーレーダビッドソン・ファットボブ(ソフテイルファミリー)

ハーレーダビッドソン・ファットボブ(ソフテイルファミリー)


前後16インチのディッシュホイールを備えながら破壊力のあるハイウェイライドを楽しませてくれる重量級スポーツバイク、それがファットボブです。リジッド型フレームでありながらガンファイターテイストのシートやメガホンマフラー、倒立フロントフォーク、そしてフロントダブルディスクブレーキと、戦闘的なディテールから成る一台。スクエアヘッドライトなど前衛的なデザインも特徴的なマシンです。

メーカー希望小売価格(税込):
(ミルウォーキーエイト107)218万8,000円~223万円
(ミルウォーキーエイト114)246万3,000円~250万5,000円

▼ローライダー
ハーレーダビッドソン・ローライダー(ソフテイルファミリー)

ハーレーダビッドソン・ローライダー(ソフテイルファミリー)


1970年代のハーレーダビッドソンを代表するベストセラーモデルが新型フレームとエンジンを兼ね備えて一新。クラシカルなリアエンドにヘッドライトバイザー、そして19インチフロントホイールなどローライダー本来のキャラクターをしっかり踏襲しています。ある意味、新ソフテイルの中でもっともニュートラルなモデルと言えるかもしれません。

メーカー希望小売価格(税込):199万円~203万2,000円

▼ストリートボブ
ハーレーダビッドソン・ストリートボブ(ソフテイルファミリー)

ハーレーダビッドソン・ストリートボブ(ソフテイルファミリー)


ダークカスタム&チョッパーで人気を博したストリートボブもソフテイルファミリーの一員として一新。高く持ち上がったエイプハンドルバーにチョップドボディは、ブレイクアウトとはまた違ったチョッパーライクなフォルムを見せつけてきます。ここからさらにチョッパースタイルを強めるカスタムを楽しめるのもストリートボブの魅力と言えます。

メーカー希望小売価格(税込):179万9,000円~187万9,000円

ニューカマー2モデルを加えたスポーツスター(SPORTSTER )ファミリー

ハーレーダビッドソン・アイアン1200 & フォーティーエイトスペシャル(スポーツスターファミリー)

ハーレーダビッドソン・アイアン1200 & フォーティーエイトスペシャル(スポーツスターファミリー)


独自のエボリューションエンジンと骨格を持つスポーツクルーザーがこのスポーツスターです。883ccと1,202ccの2タイプエンジンが揃い、ニュートラルなスタイルからカスタムモデルまで幅広くラインナップされています。ソフテイルファミリーやツーリングファミリーよりも軽量でコンパクトなので、アメリカ人よりも小柄な日本人との相性もよく、また価格帯もお手頃なので日本でもっとも人気が高いファミリーでもあります。

2018年、排気量1,202ccエンジンを搭載した「アイアン1200」に チョッパーライクな「フォーティーエイトスペシャル」を加え、スポーツスターファミリーは一掃の充実を見せています。

▼フォーティーエイト
ハーレーダビッドソン・フォーティーエイト(スポーツスターファミリー)

ハーレーダビッドソン・フォーティーエイト(スポーツスターファミリー)


スポーツスターのみならず、ハーレー全ラインナップ中でも屈指の人気を誇るファクトリーカスタムモデル。インパクトのある足元で力強さを見せつつもコンパクトなフューエルタンクを備えて美しいシルエットを形成するそのスタイルは、バイクに詳しくない人にもかっこいいと唸らせるほど。ハーレーのカスタムカルチャーを体現する代表格モデルとも言えるでしょう。

メーカー希望小売価格(税込):149万円~157万円

▼アイアン883
ハーレーダビッドソン・アイアン883(スポーツスターファミリー)

ハーレーダビッドソン・アイアン883(スポーツスターファミリー)


細長いスポーツスタータンクにフロント19 / リア16インチというホイールサイズ、無駄のないロー&ロングなスタイルと、50年以上の歴史を持つスポーツスターの基本的なスタイルを継承する正当後継者、アイアン883。2016年のマイナーチェンジでよりブラックなボディカラーとなり、それでいてカッティングがギラッと輝く専用ホイールと独自のキャラクターを押し出してきました。カスタムベース向きのニュートラルなモデルです。

メーカ希望小売価格(税込):126万9000円~129万7000円

▼ロードスター
ハーレーダビッドソン・ロードスター(スポーツスターファミリー)

ハーレーダビッドソン・ロードスター(スポーツスターファミリー)


クルーザーとしてのキャラクターを持つスポーツスターをよりレーシーに仕上げたマシンがこのロードスターです。実際に跨った位置も、フォーティーエイトやアイアン883などと比べても高く、持ち上がったシートポジションでライディングフォームを前のめり気味にすることでオートバイらしい走りを楽しませてくれます。かといって上級者向けというわけでなく、むしろバイクに乗り始めてまもない人にとって、乗り方の基本を教えてくれる優しいモデルとも言えます。

メーカー希望小売価格(税込):155万6000円~161万円

ハーレーダビッドソン・1200カスタム(左)と883スーパーロー(スポーツスターファミリー)

スーパーロー(左・スポーツスターファミリー)とハーレーダビッドソン・1200カスタム(右)


このほか、快適なクルージングを楽しませてくれる「スーパーロー」や フォーティーエイトとは異なるキャラクターを持つ前後16インチモデル「1200カスタム」と、計7モデルがラインナップされています。

▼スーパーロー
メーカー希望小売価格(税込):124万円~129万4000円

▼1200カスタム
メーカー希望小売価格(税込):151万9000円~154万4000円

ハイグレードな旅を約束するツーリング(TOURING)ファミリー

ハーレーダビッドソン・ウルトラリミテッドの115周年記念モデル

ハーレーダビッドソン・ウルトラリミテッドの115周年記念モデル


ハーレーの旗艦モデル「ウルトラ」を有するツーリングファミリー。広大なアメリカ大陸を走破することを目的に開発されたモデル群は、その目的に違わないパワフルな走りをオーナーに味わわせてくれます。価格、重量、パワーともに最上位に位置する、文字通りハーレーダビッドソンの代表格とも言えるカテゴリーです。

▼ウルトラリミテッド
ハーレーダビッドソン・ウルトラリミテッド(ツーリングファミリー)

ハーレーダビッドソン・ウルトラリミテッド(ツーリングファミリー)


ハーレーの旗艦モデルとして君臨するウルトラ。伝統のバッドウイングフェアリングがバイクとしての表情を決定づけ、さらにフェアリング内には最新のオーディオ機器やスピーカーを備えるなど、快適な旅を楽しむための装備が充実しています。パニアケースのみならずトップケースも有するウルトラは屈指の積載量を誇るので、日本全国を走破したいアクティブなオーナーにふさわしいモデルと言えるでしょう。

メーカー希望小売価格(税込):380万円~390万円

▼ストリートグライド
ハーレーダビッドソン・ストリートグライド(ツーリングファミリー)

ハーレーダビッドソン・ストリートグライド(ツーリングファミリー)


ウルトラと同じフェイスマスクを持つモデルながら、実は街乗り(!)をイメージしてまとめられたコンパクトなウルトラ。トップケースがなくなっただけでなく、フロントホイール径が大きくなり、カスタムモデルとしてのキャラクターを強めたアメリカらしいメガストリートバイクです。もちろんツーリングに持ち出しても心強い味方になってくれますが、あえてこれで夜の街を流す……というアメリカンなライフスタイルを楽しんでみてはいかがでしょう。

メーカー希望小売価格(税込):299万5000円~328万6000円

▼ロードグライド
ハーレーダビッドソン・ロードグライド(ツーリングファミリー)

ハーレーダビッドソン・ロードグライド(ツーリングファミリー)


ウルトラとは異なるフェアリング「シャークノーズ」を備えるヘッドライト2灯モデル、ロードグライド。その特徴は、ハンドリングが軽快なこと。フェアリングそのものがフロントフォークにマウントしているウルトラと違い、フェアリングがフレームオンであることがその理由。もちろんこちらもフェアリング内にオーディオ機器が備わっているので、ウルトラ同様にロングライドを存分に楽しめます。

メーカー希望小売価格(税込):299万5000円~328万6000円

▼ロードキング
ハーレーダビッドソン・ロードキング(ツーリングファミリー)

ハーレーダビッドソン・ロードキング(ツーリングファミリー)


ウルトラよりもはるか昔、ツーリングモデルの先駆者として生み出されたデュオグライド(1958年)を祖にもつ伝統スタイルのモデル。他のツアラーモデルと違ってノスタルジックなフォルムを基調とするロードキングは今なお根強い人気を誇ります。重量も379kgと他ツアラーよりも軽く、さらにローダウンスタイルなので足つきとバランスに秀でた一台でもあるのです。

メーカー希望小売価格(税込):290万円~319万1000円

その他ハーレーダビッドソンのツーリングモデル(ロードキングスペシャル、ストリートグライドスペシャル、ロードグライドウルトラ、ロードグライドスペシャル)

その他ハーレーダビッドソンのツーリングモデル(ロードキングスペシャル、ストリートグライドスペシャル、ロードグライドウルトラ、ロードグライドスペシャル)


他、足つきを良くしたウルトラリミテッドモデル「ウルトラリミテッドロー」、カスタムモデルである「ロードキングスペシャル」や「ストリートグライドスペシャル」「ロードグライドスペシャル」、トップケースを備えてウルトラ化した「ロードグライドウルトラ」がラインナップされています。

▼ウルトラリミテッドロー
メーカー希望小売価格(税込):380万円~388万9000円

▼ロードキングスペシャル
メーカー希望小売価格(税込):312万3000円~341万4000円

▼ストリートグライドスペシャル
メーカー希望小売価格(税込):321万6000円~350万7000円

▼ロードグライドスペシャル
メーカー希望小売価格(税込):321万6000円~350万7000円

▼ロードグライドウルトラ
メーカー希望小売価格(税込):380万円~388万9000円

シティライドを一層楽しませるストリート(H-D Street)ファミリー

ハーレーダビッドソンのストリート750(左)とストリートロッド(右)

ハーレーダビッドソンのストリート750(左)とストリートロッド(右)


ハーレーがインドにもつ工場で手がけられるストリート仕様のモデル群。スポーツスターよりも軽量で、エンジンも排気量750ccの水冷エンジン「レボリューションX,」を搭載する シャープでクイックなライディングが魅力です。ロー&ロングフォルムが特徴的な「ストリート750」、そしてそのストリート750を一層レーシーに仕上げた「ストリートロッド」の2タイプが揃えられています。

▼ストリート750
メーカー希望小売価格(税込):97万5000円~102万8000円

▼ストリートロッド
メーカー希望小売価格(税込):107万円~109万8000円

普通自動車免許で乗れる三輪ハーレー・トライク(TRIKE)ファミリー

三輪のハーレーダビッドソン、トライグライドウルトラ(左)とフリーウィーラー(左)

三輪のハーレーダビッドソン、トライグライドウルトラ(左)とフリーウィーラー(左)


普通自動車免許で乗れる三輪ハーレー。自動車と同じ扱いなのでヘルメット着用義務もありません(着けた方が絶対良いですが)。トライグライドウルトラとフリーウィーラー、どちらもミルウォーキーエイトエンジンを搭載したハイパワーモデルで、二輪にはない抜群の安定感が大きな魅力。

▼トライグライドウルトラ
メーカー希望小売価格(税込):443万4500円~448万8000円

▼フリーウィーラー
メーカー希望小売価格(税込):357万2000円~368万8500円

全モデルの最上級モデルが揃うCVO

ハーレーダビッドソンの最上級モデルCVO(カスタム・ヴィークル・オペレーション)

ハーレーダビッドソンの最上級モデルCVO(カスタム・ヴィークル・オペレーション)


「カスタム・ヴィークル・オペレーション」の頭文字から成るCVO。ハーレーダビッドソンが誇るカスタムパーツ群の最高メニューを付与した、ツーリングファミリーをはじめとするラインナップのさらに上を行く最上級カテゴリーです。

▼CVO ストリートグライド
メーカー希望小売価格(税込):445万8000円

▼CVO ロードグライド
メーカー希望小売価格(税込):456万5600円

▼CVO リミテッド
メーカー希望小売価格(税込):525万7000円~545万4000円


気になるモデルは最寄りのハーレーダビッドソン正規販売店で

計34モデルに及ぶハーレーダビッドソンのラインナップ、実際の車両が気になる方は最寄りのハーレーダビッドソン正規販売店で見ることができます。始動したVツインエンジンの鼓動を目の当たりにすれば、気になる心も大きく揺さぶられることでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。