40代からは体型に合うコーデとサイズ選びがオシャレへの近道

高かったからなんとなく着ている、安くてつい買っちゃう、よりも大事なサイズとコーデのまとめ方

高かったからなんとなく着ている……、安くてつい買っちゃう……、よりも大事なサイズとコーデのまとめ方

40代になると「今までの洋服が似合わなくなった!」そんな風に感じる方が多いそう。仕事やプライベートなど環境の変化のせいか、ファッションにも迷いが生じやすい時期でもあると思います。ルックスが若い頃とは変わった……ことを認めざるを得ないお年頃でもあるでしょう。

でもそのお悩み、コーデのまとめ方やサイズ選びで解決できるかもしれません! ボディラインが変わってくるアラフォー以上の世代では、体型を生かしたファッションを考えることが、とにかく大事。そこで、今回は体型のお悩み別にアドバイスしていきます!体型を問わずポイントになるのが2つ。

  1. きれいめポイントをあえて作る
  2. 体型に自然に沿うサイズ感を意識する

背が低い……コーデにメリハリを!

ほどよくフィットするニットと足の長さにあったデニムは必須

ほどよくフィットするニットと足の長さにあったデニムは必須

まずは脚の長さがぴったり合うデニムや、程よくフィットするニットなど、ジャストサイズのマイ定番を持っておくことが大事。特に肩が合っているかどうかは重要です。背が低い方特有の可愛らしい雰囲気を生かすにはAラインもおすすめ。

あえて上下どちらかにオーバーサイズを取り入れてぶかっとしたサイズ感に見せるのも可愛いですが、上下ゆるゆるだと服に着られてしまうので、もう一方はジャストサイズが基本です。
脚のラインを強調するセンタープレス入りはきれいめで大人コーデにも向いています

脚のラインを強調するセンタープレス入りはきれいめで大人コーデにも向いています

またウエストの位置、ボトムスの長さなどコーデにメリハリをつけるのも重要。脚をスッキリ見せるセンタープレス入りのパンツ、ワイドパンツやフレアスカートなど下に向かって広がるシルエットは脚長効果も期待できます。首元や手首を見せて華奢感を出す、帽子や差し色のマフラーなどで視線が上に集まるようにする、などの小技も使えます。

冬の全身カジュアルは子供っぽく見えてしまうので、スニーカーならコートはチェスターに、ダッフルコートならきれいめシューズなど、きれいめポイントを積極的に取り入れるとスッキリ見えます。

背が高い……Iラインが正解!

一見あまり悩みがないようですが、横に広がって見えるコーデだと大柄に見えるため、AラインよりはIラインの縦長シルエットが正解。肩まわりにボリュームが出るといかつく見えてしまうので、厚手のアイテムは肩が盛り上がって見えないかチェックが必要です。

無地のゆるっとしたニットなど装飾のない大きめサイズを着ると、胴が長い分、どうしても間延びし「ハンガーにかかった服」のように見えてしまうのであまりオススメできません。
これにスニーカーを合わせると重心が下がるのでイマイチ……

これにスニーカーを合わせると重心が下がるのでイマイチ……

ワイドパンツは丈によっては袴っぽく見えてしまいます。フルレングスなら足の甲が見えるシューズ、もしくはアンクル丈を選んで足首に抜け感を作るなど調整してみて下さい。

シンプルなロングコートや、ウエスト位置の分かるオールインワン、ワンピースも、身長が高い人が着るとより映える上、コーデも簡単でオススメです。

ライダースなどメンズライクなアイテムでは男っぽくなり過ぎる、甘めアイテムが馴染まない……など、迫力が出がちなのが悩み。意識して柔らかさを取り入れるのがコツです。

オススメはカッコいいシルエット&優し気な色の組み合わせ。メンズライクなチェスターコートや首元がシャープなVネックニットも、ダークカラーではなく柔らかなライトグレーやベージュ、ダスティパステルにする、など。アイテムの存在感が和らぐので馴染みやすくなります。

ぽっちゃり型……ゆとりあるサイズ感が重要

ぽっちゃり型の方は女性らしい雰囲気が魅力なので、ネイビーやダークグレー、カーキなどを着ても地味過ぎず、オシャレに見えるのがメリット。メンズライクなアイテムも逆に女性らしさを引き立ててくれます。

トップスはつかず離れずなゆとりのあるサイズ感がオシャレ見えします。タートルやクルーネックだと体の丸みが強調されるので、シャープなVネックがおすすめ。
クルーネックよりはVネック。寒ければ首の詰まった白インナーを着るとオシャレ見えも◎

クルーネックよりはVネック。寒ければ首の詰まった白インナーを着るとオシャレ見えも◎

厚手のコットンやデニム素材のボトムス、センタープレスのパンツなども相性が良いです。また、コーデのどこかにシャープなアクセントを加えるのもポイント。ポインテッドトゥのフラットシューズなど、足元を変えるだけでもぐっと締まります。

やせ型……ふんわり感を意識して

40代以降では痩せている感が目立つと、貧相な印象になってしまい老けてみえることも……。寒々しい印象を防ぐため意識的にふんわり感をプラスしてみてください。

上下共にピタピタのサイズ感はNG。首まわりが出ると細さが際立つのでタートルネックやクルーネックがオススメ。トレンドのフレアスリーブやラッフル付きのトップスなどデザイン入りのトップスも似合います。
首回りが大きく開いていると寒々しく見えることも

首まわりが大きく開いていると寒々しく見えることも

何色でもOKですが、膨張色を着られるのはやせ型さんのメリットなので、普段は敬遠されがちなホワイト系のパンツやスカートなどもオススメ。ダウンやフェイクファー、ボアなどボリューミーなアウターや、ロングジレなどベスト系のアイテムも◎。

がっちり型……引き締め色を上手に選んで

腰回りにタックが入っているだけで「張っている感」をカバーできます

腰まわりにタックが入っているだけで「張っている感」をカバーできます

意外に多いのが「がっちりしている」というお悩み。肩まわりや腰まわりが特に気になるそう。がっちり感は膨張色や甘めの雰囲気だとさらに強調されるので、引き締め色や洋服のディテールを効果的に使うのがコツです。

気になるのが二の腕や肩なら、ドロップショルダーやドルマンスリーブ、腰まわりにタックやステッチが入ったもので、張っている感じを出さないようカバー。肉感の出ない素材が正解です。合わせてできるだけ三首(首元、手首、足首)を出し、華奢ポイントを作るのも効きます。

下半身だけ太め……制すべきは腰まわり

アウターがあれば人から見えるのは数センチなので、ウエストインもトライしやすい

アウターがあれば人から見えるのは数センチなので、ウエストインもトライしやすい

上半身はボリュームがないけど下半身が太いというのは日本人女性に多いお悩みですよね。この場合はそのままのサイズ感を生かすべき。トップスはジャストサイズのニット、ボトムスは長め丈のスカートやワイドパンツなど。

ゆるめ&長めのトップスは全身が詰まって見えるのでNGです。プリーツやシフォン系のスカートなど腰まわりが目立つボトムスを着る場合は、インしつつアウターをさらっと羽織る、上からチュニック丈のニットを重ねて縦長にする、など腰まわりの盛り上がりを見せないようにするとすっきり見えるはず。


改めて自分の体型に向き合ってみると、良く見せてくれるアイテムが分かるのでお買い物の失敗も減るはずです。トライしてみて下さいね!以上「40代からの体型別 冬服コーデのコツ&サイズ選び」でした。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。