チェックシャツが垢抜けて見えるボトムス別のコーデとは

チェックシャツ,ボトムス,着こなし,コーデ,バランス

ボトムスによって微妙に着こなし方を変えると◎

秋になると着たくなるチェックシャツ。カジュアルで気兼ねなく着られるので、行楽シーズンにもぴったり! でも定番アイテムだからと言って、毎年似たような着こなしをしていませんか? 残念ながら、アラフォー以上の世代は、若いころと同じカジュアルがだんだん似合わなくなってくるので、「今っぽいバランス」を意識することがとっても大事。そこで今回は、チェックシャツを今っぽく着られるコーデのコツや、簡単にできるアレンジをお伝えします。

細めのボトムスには襟抜きでゆるく着る

チェックシャツ,着こなし,コーデ,レディース

細めのボトムスにはゆるいバランスで

ワイドボトムスが全盛ですが、冒頭の比較画像からも分かるように、細見えさせたいなら、細いボトムスが断然有利。ただし、全身ピタッとしてしまうと今っぽくないので、この場合はトップスをゆるく着るのがポイントです。

チェックシャツのラフでカジュアルな雰囲気を生かしプルオーバーのような感覚で、ボタンを全部留めて、後ろに倒すように襟抜きして着てみて下さい。袖をロールアップすればバランスが取りやすいので、手持ちのチェックシャツでも十分今年らしい雰囲気に着こなせます。

ワイドボトムスにはウエストインでコンパクトに

チェックシャツ,コーデ,着こなし,ワイドパンツ

ワイドボトムスにはシャツをインしてコンパクトにまとめて

ワイドなボトムスならそれだけで今っぽい雰囲気が作りやすいのでコーデも簡単! 下半身にボリュームが出るので、トップスはコンパクトにするのがスタイルアップの鉄則です。その点、柄物のチェックシャツは目線を上に集めるので相性抜群。でもそのまま着るだけでは裾がだらっと伸びて見えるので、オシャレ見せにはNG。ニットならショート丈がオススメですが、チェックシャツのショート丈はなかなか見つからないので、ウエストインや次に紹介するアレンジでトップスを短く、ボトムスを長く、のバランスを意識してみて下さい。

スカートを合わせるなら長め丈で大人なカジュアルに

チェックシャツ,コーデ,着こなし,レディース

タイトでもフレアでも、今年は長め丈のスカートとのバランスが今っぽい

フレッシュで明るさをプラスしてくれるチェック柄は大人の女性こそ積極的に取り入れたいですが、全体の印象がカジュアルすぎるとチグハグな印象になるので、他をシックにしてバランスを取ってみて下さい。

スカートは、フレア、タイトなどシルエットに関わらず膝丈だと子供っぽい印象になりますが、長め丈なら馴染みが良く全体的にまとまって見えます。ショッピングなど、着心地、動きやすさも重視したいけれど、オシャレもしたい、という日にもおすすめです。

ウエストインに抵抗ある方におすすめな「シャツの裾結び」アレンジ

ウエストインが珍しくなくなってきたとは言え、30代後半以降は特に、ぽっこりお腹が気になったり、ウエストを見せたくない、などの理由で抵抗がある方も多いようです。そんな時に便利な小ワザが「シャツの裾結び」。コンパクトに着られるのでどんなボトムスとも合わせやすく、全体のバランスも良くなるのでスタイルアップします。やり方はとっても簡単!

1.裾が縛れるようにボタンを1、2個開けたままにしておく
チェックシャツ,コーデ,着こなし,ウエストイン

大きめのシャツならもっと長めにとっても大丈夫です

2.ウエストにかぶるくらいの位置で、適当にくるっと一回結ぶ
チェックシャツ,コーデ,着こなし

ボトムスとのバランスを見て、収まりの良い場所で結ぶと上手くいきます

3.もう一回縛って固定する
チェックシャツ,コーデ,着こなし,レディース

気を付けることは、リボンの裾が縦にならないようにするだけと簡単

さらにもう一回縛って、ほどけないように固定したら出来上がり。気を付けるポイントは、縦結びになってしまわないように、裾がリボンのように左右にくるように、というただ一点のみ。

このアレンジはとっても簡単ですがメリットがたくさん! 大柄に見えがちなチェックシャツをコンパクトにしてスタイル良く見せられたり、シャツのサイズに関わらず、今っぽく着こなせます。昔購入したシャツや、メンズの大きめシャツなどがこのアレンジで生き返ることも! 柄物なら馴染みやすいので、無地よりチェックのシャツだからこそ生きるアレンジでもあります。


流行り廃りがなく、手に取りやすいアイテムこそ、今っぽいバランスを意識して取り入れるかどうかが、オシャレ見えを左右します。ご紹介したものはどれも簡単なことばかりなので、ぜひ明日から取り入れてみて下さいね!以上「20代とは違う!大人のチェックシャツ秋コーデテク」でした。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。