あらゆる色のボトムスに似合う実力派!ブラウンTシャツ

ブラウンは意外に何にでも合うので着回しが効くのも高ポイント

ブラウンは意外に何にでも合うので着回しが効くのも高ポイント

8月も終わりが近づいてくると、夏全開!なカラーリングより落ち着いたコーデをしたくなりますよね。でも本当の秋物を着るにはまだ早い……。こういう狭間の時期にオススメの使えるトップスが「半袖のブラウンTシャツ」です。秋っぽさを先取りしながらもブラックほど重すぎなくて使いやすい色と、半袖Tシャツというカジュアルアイテムとの組み合わせが絶妙。その上、実はどんなカラーのボトムにも合うという実力派なんです! 今回はこの万能トップスに、どんなボトムスを持ってくるとどんな印象に仕上がるのか、についてコーデ実例を踏まえてお伝えします。

暑い日にはホワイトで爽やかさをプラス

こっくりしたブラウンにホワイトの清涼感をプラスしてバランスを取って

こっくりした茶色にホワイトの清涼感をプラスしてバランスを取って

秋っぽいニュアンスを楽しみたいけどまだまだ暑い……という日には、ボトムスをホワイトにして爽やかさのある着こなしに。ハイライト効果で明るく見せてくれます。ブラック×ホワイトの組み合わせよりも少しだけ甘さのある印象に仕上がるので、旅行にもオススメのコーデ配色です。

カーキのボトムスならこなれたヨーロッパ風の配色に

ニュアンスのある配色は大人ならでは

ニュアンスのある配色は大人ならでは

ボトムスをカーキにすると全体的にシックですが、地味過ぎない奥行きのある着こなしになります。ヨーロッパの海外スナップでよく見かけるような色の組み合わせですね。

落ち着いた印象ながら人とかぶりにくい配色なので、控えめな着こなしが必要とされる場所でも取り入れやすいのがオススメポイント。もし明るく仕上げたい場合には、シューズやバッグにレッドやイエローなど反対色の差し色を持ってくるとパッと映えて素敵です。

相性抜群のデニムは濃淡どちらもOK

淡い色のデニムはよりカジュアルで軽快な印象に

淡い色のデニムはよりカジュアルで軽快な印象に

デニムはやっぱりここでも相性抜群! 淡いライトブルーのデニムを合わせると、かごバッグやハットなどが似合うようなカジュアルな印象になり、ピクニックやアウトドアなどモノトーンではあまり馴染まないような場所に行く時などもオススメの配色です。

ダメージやウォッシュ加工、カットオフなど、デニム自体に特徴があるデザインを履きたい場合も、ブラウンTなら落ち着いた印象にまとめてくれます。いつも白Tまたは黒Tを合わせていたようなコーデのトップスをブラウンにスイッチしてみるだけで、定番のボトムスが新鮮に見えるはず。
インディゴブルーなら女性らしいきちんと感も叶う

インディゴブルーなら女性らしいきちんと感も叶う

きれいめに女性らしく着こなしたい場合は、パンツでもスカートでも、ノンウォッシュやワンウォッシュなど濃いめを選んで。ヒールを合わせればコンサバな印象にもなります。落ち着いた印象に仕上げたい場合は、インディゴブルーのデニムがオススメです。

茶×黒は半袖のこの時期だからこそ映える

オフィス着にオシャレ感が欲しい時にも◎

オフィス着にオシャレ感が欲しい時にも◎

ブラックとブラウンはどちらもダークカラーなので、ニットやコートなどの秋冬アイテムで合わせると抜け感がなくあまりオススメしませんが、ブラウンの半袖Tではぜひトライして欲しい組み合わせ。大人っぽい印象の中にこなれ感もあってオフィス着にもオススメのカラーリングです。お仕事用にグレーとブラックを合わせる方は多いですが、そのコーデのトップスをブラウンのTシャツに変えるだけでも季節感が楽しめます。

くすみピンクのアポロ配色で大人可愛さを

スイートさが欲しい時にはくすみピンクが一押し

スイートさが欲しい時にはくすみピンクが一押し

たまには甘い着こなしも楽しみたいという時には、くすみピンクがオススメ。チョコレートのアポロのような配色はこっくりした秋らしいバランスで可愛い! 白やベージュの夏カラートップスではボトムスのピンクが目立ちますが、ブラウンTなら適度に引き締め効果もあるのでピンクが甘すぎず、大人にちょうど良いスイートさに仕上がります。ジャケットやカーデなどを羽織る場合のインナーにもぴったりな組み合わせです。

いかがでしたか? まだまだ暑さが続くこの時期にフィットする優秀なブラウンT、是非取り入れてみて下さいね!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。