購買意欲をコントロールする術

よく、「ボーナスをあてにした生活はやめましょう」「無かったモノとして考えましょう」と言いますが、ボーナスとしてまとまったお金が入ると、ワクワクして、あてにした買い物をしてしまうものです。

しかも、ボーナスが入りワクワクするのはボーナスをもらった本人だけでなく、家族全員がワクワクしてちょっと贅沢したくなるものです。今回はこの「購買意欲」をコントロールする術をお伝えしましょう。
 

ボーナスをイベントにしない

ボーナスの使い道について、FPとして多くの場所でお伝えしてきましたが、実際我が家はというと、ボーナスが出てもそのまま定期積立へスライドするだけで、特別に何かを買ったりすることはありません。ボーナスが出たら、当然ながら嬉しいですが、我が家ではあえて「ボーナス」をイベントにはせずに、静かにいつもと同じ生活を送ります。

ボーナスが出るとちょっと自慢したい、家族に感謝されたいといった気持ちになるでしょうが、あえて話題にあげるのは避けて、いつもと変わらない生活を送るようにしましょう。

ボーナスを「イベント」にしてしまうと、ボーナスが出たからご馳走を食べに行こう! ご褒美にずっと欲しかった〇〇を買おう! なんてことになり、一万円札がどんどん飛んでいきます。ボーナスが出たからと、本人やその配偶者、更に子どもまでが、ボーナスをあてにした買い物計画を立て始めたら大変な事になります。またボーナス時期はボーナス商戦が繰り広げられますので、一度芽生えてしまった「欲しい……」という購買欲望は抑えるのは大変です。

今の時代、ボーナスにこだわらなくも、誕生日やクリスマス、結婚記念日、母の日、父の日と、たくさんイベント事はあります。その度に好きなモノを買ったり食べたりするだけでも結構な出費なはずです。そのうえ、ボーナスが出たからと贅沢していれば、お金は貯まりません。ここはワクワクする気持ちをコントロールし、ボーナスをもらっても静かに暮らしましょう。
 

その贅沢やご褒美は未来の幸せに繋がっていますか?

ボーナスが出て贅沢することが、自分と家族の未来の幸せに繋がっているのかどうか? 今一度考えて欲しいのです。

ボーナスが出たからと、給料が出たからと、贅沢したり、自分達にご褒美を上げてばかりいては、いざ子どもが大学進学の時に「教育費」が準備できていなければ、子どもの未来の可能性をつぶしてしまったり、不要な借金を背負わせてしまうことになってしまいます。

家計を守るには、メリハリをつけたお金の使い方が求められます。普段は質素な生活でも、子どもの未来の為の教育費をしっかり貯める、一生の思い出や大きな経験に繋がる家族旅行にはしっかりお金を使っていく、というようにメリハリを持たせた家計管理をしていきましょう。

「お金」はボーナスにこだわらず、普段から自分と家族の未来に繋がるように大切に扱ってもらいたいと思います。
 

感謝の気持ちを忘れずに

ただ、これまで頑張って働いてきた事への感謝の気持ちや「ありがとう」と伝えることは忘れないようにしましょう。感謝の気持を伝えつつ、頑張って得たお金だからこそ、今後の為にも大切に扱ってください。

【関連記事をチェック】
自分と家族、家計を守る!「金融リテラシー」とは
どんな時代でも変わらないお金のルールとは?
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。