もう悩まない! 憂鬱な雨の日の洋服選び

雨の日コーデ

雨の日もOKコーデ。こんな柄トップスに黒のクロップド丈なら安心

気分までどんより沈みがちな雨の日。洋服を選ぶのもなんだか憂鬱……という声が多く聞かれます。天気が不安定な時期も賢く洋服や小物を選び、快適に楽しく過ごしたいものです。じめじめしたお天気が続くときに、すぐに使える雨の日のコーディネート術をお教えします!


雨の日のコーデはどうやって決める?

雨の日コーデを考えるときは、まずは足元から。どんな靴を選ぶべきかというのは、その日の雨の状況に大きく左右されます。激しい雨が長く続くような日ならやはりレインブーツなどのレインシューズ、少々の雨ならパンプスやスニーカー、サンダル……という具合です。靴が決まればそれに合うボトムスを選び、後はトップス、最後にバッグの順で選べば雨の日のコーディネートもスムーズです。

 


どんな靴を選べばいい?

雨の日,コーディネート,雨コーデ

雨の日に強い合皮のシューズ

もちろん防水・撥水(水を弾く)加工されたレインシューズがあれば大雨の日だって安心ですが、 それだと雨の日の靴がその靴に限定されてしまいがち……。選べる靴が一足だと、どうしてもコーデは似た感じになってしまいますよね。

私はゲリラ豪雨などを除けば、特別なレインシューズというのは必要ないと考えています。合皮でできたもので、ヒールが高すぎず、底が滑りにくい靴なら雨の日だってOK! ただし、雨に濡れた後はきちんと乾燥させるのがポイントです。

また、レインシューズなら雨対策は完璧!と思われがちですが、撥水加工のみで完全防水でないものも多いので、購入される場合には事前に確認しておきましょう。

 


洋服の素材選びのポイント

次は洋服の素材選びのポイントを!
  • ポリエステル……◎速乾性に優れ、水に強く丈夫。しわになりにくい
  • リネン……○吸湿速乾性があり、さらっと涼しく着られるが雨や湿気でしわになりやすい
  • コットン……△ポリエステルやリネンに比べると乾きにくい素材なので、大雨の日は避けた方がよい。おろしたてのデニムは色移りしやすいので要注意!
  • ウール……△濡れた状態で摩擦が加わると傷みやすくなり、ニオイが出やすくなる
  • シルク、レーヨン……△水洗いできる加工がされているもの以外はNG。洗濯表示をきちんと確認を
  • 本革……△雨ジミができやすく、水で劣化しやすい

  •  

洋服の色はどう選ぶ?

コーデ実例

重くなりがちな上下黒にも白ジャケットを加えて

雨の日,コーディネート,雨コーデ

雨ジミが目立つと貧相な印象に

素材にもよりますが、やや暗めの色から明るめの色は雨に濡れたところが濃い色に変化し、雨ジミが目立ちます。逆に目立たない色は白・黒・柄モノですが、白の薄手素材のものは透けやすくなるので注意が必要です。

ボトムスはダークカラーを選べば泥はねを気にせずに済みます。ボトムスの裾の汚れ防止のため、丈はフルレングスでないものがよいでしょう。また、激しい雨の日や雨濡れを避けたい場合は、やはりレインコートを着用するのがベターです。

 

どんな傘がオススメ?

雨の日,コーディネート,雨コーデ,傘

長傘は2本あると便利!

傘選びにも、気を配れていますか? 服、靴、バッグのコーデはステキなのに、傘だけが浮いてしまい残念……という人を見かけることがあります。長傘を1本だけ選ぶとしたら、使いやすいのはやはりベージュ、ネイビーなどのベーシックカラー。

2本目の選び方としては、ピンク、レッド、グリーンなど気分が上がるきれいな色や柄のものがよいでしょう。

 

防水スプレーの効果は

雨の日の強い味方、防水スプレー! ですが、正しく使えていない人が多いように感じます。防水スプレーは、乾いてからでないと防水効果を発揮しないので、出がけに慌ててスプレーするのではなく、できれば前日の晩にスプレーしておくことをオススメします。防水スプレーには、防水だけでなく、汚れ防止効果もあるので、効果を持続させたい場合は2~3週間に1度スプレーしておくと安心です。


晴れの日に比べて制約の多い雨の日ですが、避けた方がいいアイテムに気を付け、雨の日ならではのファッションも楽しみましょう!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。