限定100個! COFFEE COLLECTIONだけのスペシャルコラボ豆セット

(左からFUGLEN COFFEE ROASTERS 小島賢治氏、GLITCH COFFEE&ROASTERS 鈴木清和氏、TRUNK COFFEE 鈴木康夫氏)

(左からFUGLEN COFFEE ROASTERS 小島賢治氏、GLITCH COFFEE&ROASTERS 鈴木清和氏、TRUNK COFFEE 鈴木康夫氏)

カフェやコーヒースタンドが増え、いま改めて注目が集まっているコーヒー。詳しい人は黒くて苦いだけではないコーヒーがあると言うけれど「それってどういうこと?」と思っている人も多いのでは? そんな人におすすめしたいのが2016年4月23日(土)24日(日)に開催される「COFFEE COLLECTION around KANDA NISHIKICHO 2016 Spring」。国内外のロースター(コーヒー豆の焙煎店)が集まり、各店自慢のコーヒーを飲み比べできるコーヒー好きには堪らないイベントです。

第2回目の開催となる今回、大注目なのはGLITCH COFFEE&ROASTERS(グリッチ コーヒー&ロースターズ)の鈴木清和氏、FUGLEN COFFEE ROASTERS(フグレン コーヒー ロースターズ)の小島賢治氏、TRUNK COFFEE(トランク コーヒー)の鈴木康夫氏、3人がそれぞれ厳選&焙煎した豆を1つのスペシャルセットにした“ROASTERS SELECTION (ロースターズセレクション)”です。今回は限定100セットで販売されるその豆の魅力についてご紹介します。



豆の厳選・焙煎・抽出。作り手の3人が提案するROASTERS SELECTION

ROASTERS SELECTION

ROASTERS SELECTION

今回タッグを組むのは、国内外で10年以上コーヒーに携わりながら、それぞれが考える“美味しいコーヒー”を追求している3人。バリスタとしての経験はもちろん、コーヒー豆を世界中から厳選して仕入れ、焙煎も担当。自らの手で美味しいコーヒーを作ることに情熱を注いでいます。



ベリーやナッツ……豆が本来持つ“個性”を味わえるコーヒー

豆が持つ“個性”を楽しめるコーヒー

豆が持つ“個性”を楽しめるコーヒー

そんな彼らが作るコーヒーの共通点は、コーヒー豆が持つ“素材の味”と“個性”を楽しめること。コーヒーチェリーという果実の種子を焙煎してできるコーヒー豆は、エチオピアやグアテマラなど、国や農園によって味や香りに特徴があります。彼らのようなバリスタやコーヒー好きの間では、飲んだ瞬間に分かる豆の個性を「ベリーのような味、ナッツを思わせる香り」、口当たりや味の深さ、余韻を「ドライアプリコットのような甘さ、青リンゴに似た爽やかさ」などの言葉で表現。多様性のある味わいや香りなどを楽しんでいます。



コーヒー豆の個性を引き出す“浅煎りの焙煎” 

厳選したコーヒー豆の味を最大限に活かす焙煎

厳選したコーヒー豆の味を最大限に活かす焙煎

コーヒーの個性を引き出すための表現方法として彼らが選んでいるのが“浅煎り”という焙煎方法。上質な肉を買ったとき「ウェルダンではなくレアに調理した方が、肉そのものの味を楽める」という原理に同じく、厳選した素材の味を最大限に活かす焙煎を何度もテストしながら美味しいコーヒーになるように追求しています。

繊細な作業の積み重ねで作られる美味しいコーヒー

繊細な作業の積み重ねで作られる美味しいコーヒー

世界中にある農園やバイヤーから豆を厳選し、その豆の魅力が最も発揮されるポイントを見極めて焙煎。丁寧に抽出した上で、ようやく形になる“美味しいコーヒー”。繊細な作業の積み重ねを経て出来上がる“一杯のコーヒー”に情熱を注いでいるのが、今回のROASTERS SELECTIONに参加している3人なのです。



そんな彼らがROASTERS SELECTIONのために持ち寄った豆がこちら。
左からFUGLEN COFFEE ROASTERS、GLITCH COFFEE&ROASTERS、TRUNK COFFEE

左からFUGLEN COFFEE ROASTERS、GLITCH COFFEE&ROASTERS、TRUNK COFFEE

■GLITCH COFFEE&ROASTERS
鈴木清和氏は中南米・グアテマラ・サンタクララという農園の豆。特徴は、アプリコットやオレンジの様な芳香さと、レーズンや赤ワインのような奥深い味わい。雑味のなく透明感が高いコーヒーです。

■FUGLEN COFFEE ROASTERS
小島賢治氏は同じくグアテマラの豆。こちらはラフォーリという農園のものです。きび糖のような優しい甘さと干しぶどうやドライアプリコットをほのかに感じる酸味が特徴です。

■TRUNK COFFEE
鈴木康夫氏はアフリカ・エチオピアの豆。農園はウォレガ。熟したイチゴの様な甘さとトロピカルフルーツのはっきりとした華やかさと赤ワインのような芳醇なフレーバーが魅力です。


あなたは、それぞれのコーヒーの味や香りを想像できましたか? 3種のコーヒーが全く違う個性をみせるROASTERS SELECTION。コーヒー好きの方はもちろん、今までに飲んだ事のないコーヒーに出会いたいという方にもおすすめです。このスペシャルなセットは主に事前予約(会場にて受け取り)で購入可能。ぜひ早めにチェックしてみてくださいね。



■ROASTERS SELECTION (ロースターズセレクション)

内容:各50g×3種で1セット。
GLITCH COFFEE&ROASTERS:サンタクララ ナチュラル グアテマラ
FUGLEN COFFEE ROASTERS:ラフォーリ アンティグア グアテマラ
TRUNK COFFEE:ウォレガ ナチュラル エチオピア
価格:2,000円
販売数:100セット(事前予約・当日販売含む。個数は変更になる可能性があります)
購入方法:http://ptix.co/1SuDZBg にて事前予約。4月23日(土)24日(日)に神田錦町で開催されるCOFFEE COLLECTIONにて直接お渡しいたします。イベント会場でも数量限定で販売します。

※当日会場にお越しになり、直接お渡しできるお客様のみの販売となります。郵送などは一切受け付けておりません。



■COFFEE COLLECTION around KANDA NISHIKICHO 2016 Spring


厳選された9店のコーヒー専門店が2日間に渡って集結するCOFFEE COLLECTION。コーヒーの飲み比べ、ハンドドリップのワークショップ、ブックトラックや似顔絵アート、CafeSnapの限定フォトブース、さらに周辺エリアを散策しながら楽しめるイベントなども開催予定です。

日時: 2016年4月23日(土) 24日(日) 11:00~18:00
メイン会場:テラススクエア エントランス内(東京都千代田区神田錦町3-22)
入 場 料: 無料
URL:http://coffeecollection.tokyo/

参加店:4月23日(土)TRUNK COFFEE / FUGLEN COFFEE ROASTERS / Paul Bassett / AMAMERIA ESPRESSO / GLITCH COFFEE&ROASTERS
4月24日(日)Single O Japan / Four Barrel Coffee by MERRY TIME / SLOW JET COFFEE / THE LOCAL / GLITCH COFFEE&ROASTERS


舞台裏に密着!
カッピングで伝える、ROASTERS SELECTIONの魅力

3人で行ったカッピングの様子をお届けします!

3人で行ったカッピングの様子をお届けします!

続いては……コーヒー豆の味や香りを判断するときに行う「カッピング」を通して、3人が持ち寄ったそれぞれの豆の魅力を教えてもらいました。続きは写真共有型カフェアプリ「CafeSnap」でどうぞ!>>


 

撮影:名取和久、ライティング:大井彩子(CafeSnap)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。