スポーツスター本来のスタイルを語り継ぐ者

ハーレーダビッドソン スポーツスター XL883N アイアン(2016)

ハーレーダビッドソン スポーツスター XL883N アイアン(2016)


XL883Rがラインナップから消えた今、フロント19 / リア18インチという足まわりにスポーツスタータンク、コンパクトなハンドルバー、そしてナローフォークと、スポーツスター本来のスタイルの伝道者となったXL883N アイアン。元々ダークカスタムモデルとして生まれた経緯を持つモデルが、今回装いを新たに再デビューとなりました。

ハーレーダビッドソン スポーツスター XL883N(2016) レフトビュー

ハーレーダビッドソン スポーツスター XL883N(2016) レフトビュー


タンクグラフィックやラウンドエアクリーナー、ビレットホイールなど新たな個性を与えられたアイアンですが、スポーツスターとしてのスタイルは変わらず。そしてこのモデルのポイントとなるのは、フォーティーエイトと同じく新開発のリアサスペンションがどれだけ機能するのか。特にアイアンの場合、ステップ位置が乗車時のちょうど真下に来るニュートラルなものなので、その変化が如実に出ると思われます。

新デザインのグラフィックタンクにラウンドエアクリーナー、そしてフォーティーエイトと同じく新型サスペンションを標準装備

新デザインのグラフィックタンクにラウンドエアクリーナー、そしてフォーティーエイトと同じく新型サスペンションを標準装備


こちらもリアサスペンションがしっかり仕事をしてくれるので、以前の仕様との違いは歴然。明らかに今回のアイアンの方が“乗っていて楽しい”です。かつてはストロークの短い硬いサスペンションだったため、道路のギャップを踏むと衝撃が吸収されず、ライダーの体にダメージをおよぼしていたほど。平均的な体格という点ではアメリカ人にはおよばない日本人にとって、こうしたグレードアップは大変有り難いもの。ライディングプレジャーと向き合ったハーレーダビッドソンが出した答えのひとつが、このリアサスペンションなのでしょう。

ハーレーダビッドソン スポーツスター XL883N アイアン(2016) フロントビュー / リアビュー

ハーレーダビッドソン スポーツスター XL883N アイアン(2016) フロントビュー / リアビュー


一方、グレードアップは価格アップにもつながり、アイアン、フォーティーエイトとも昨年モデルより高価なモデルとなっています。しかし、価格を焦点に前年と今回の同モデルを比較している方がいらっしゃったら、迷わず最新モデルをオススメします。その費用をかけただけのメリットが確実に存在するからです。

HARLEY-DAVIDSON 2016 Models XL1200X FORTY-EIGHT & XL883N Iron

HARLEY-DAVIDSON 2016 Models XL1200X FORTY-EIGHT & XL883N Iron


クルーザー色を強めつつあるスポーツスターファミリーにおいて、さらなる個性を与えられたこの2モデルがファミリーを牽引するのでしょう。各モデルの現オーナー、そしてフォーティーエイトとアイアンに興味を持っている未来のオーナーは、ぜひ最新バージョンのモデルに試乗してみてください。


[HARLEY-DAVIDSON XL883N SPECIFICATIONS]
Sportster XL883N iron

Sportster XL883N iron

全長/2,215mm
全幅/850mm
全高/1,140mm
ホイールベース/1,515mm
加重時シート高/775mm
車両重量/256kg
エンジン型式/Air-cooled, Evolution
排気量/883cc
フュエルタンク容量/12.5L
フロントタイヤ/100/90 B19 M/C 57H
リアタイヤ/150/80 B16 M/C 77H

■メーカー希望小売価格(消費税込)
[モノトーン] 119万円
[ハードキャンディーカスタム] 121万2,000円
(2015年9月現在)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。