確実にグレードアップしたフォーティーエイト

昨年までの仕様と見比べても、パワーアップしているのがはっきり分かるXL1200X フォーティーエイト

昨年までの仕様と見比べても、パワーアップしているのがはっきり分かるXL1200X フォーティーエイト


ファクトリーカスタムモデルとしての強烈な個性を有していたXL1200X フォーティーエイト。クラシカルなレーサースタイルを指すボバースタイルが特徴的で、ハーレーにしか生み出せない独特のスタイリングと雰囲気が人気を呼び、ハーレーのラインナップでも高い支持を得ています。

フロントフォーク径が41mmから49mmとなり、新開発のリアサスペンションが備わったことで走行性能が大幅にアップ。装いを新たにしたオリジナルシートや9スポークホイールも見どころ

フロントフォーク径が41mmから49mmとなり、新開発のリアサスペンションが備わったことで走行性能が大幅にアップ。装いを新たにしたオリジナルシートや9スポークホイールも見どころ


グラフィックも新しくなり、9スポークホイールやオリジナルシートなどカスタム色を前面に押し出してきた新型フォーティーエイト。そんな同モデルの注目ポイントは、前後サスペンションのパワーアップでしょう。フロントフォークは、ダイナモデルと同じ49mm(以前は41mm)となって剛性アップし、リアサスペンションもアジャスタブル機能付きのものが備わりました。

ハーレーダビッドソン スポーツスター XL1200X(2016) レフトビュー

ハーレーダビッドソン スポーツスター XL1200X(2016) レフトビュー


このフォーティーエイト、スタイリングは申し分ないものの、実際に乗ってみると操りづらい点がいくつかあるという弱点を抱えていました。そこで今回の前後サスペンションのパワーアップなのですが、フロントフォーク剛性をアップさせるもフレームはそのままだし、リアサスペンションもストロークの短い仕様ではたしてどこまで効果が出せるのか、試乗の前から懐疑的なところがありました。

ハーレーダビッドソン スポーツスター XL1200X(2016) フロントビュー / リアビュー

ハーレーダビッドソン スポーツスター XL1200X(2016) フロントビュー / リアビュー


それだけに、乗り出してまもなく飛び込んだ道路のギャップをしなやかにクリアしてくれたとき、「まさかこれほどとは!」と驚きを隠せませんでした。ステップが前方に突き出したフォワードコントロールを採用しているため、ライダーの体重や走行時に起こるGがすべてリア(リアサスペンションやスイングアーム)にかかってしまい、リアタイヤを中心とする部分への負担が大きいのがフォーティーエイトなのです。確かにフォワードコントロールは踏み込みづらいですが、かなりの荷重がかかっているにもかかわらず、ライダーの体を大きく跳ね上げることなく柔らかくクリアしたというのは大きな改善ポイントと言えます。。

剛性アップしたフロントフォーク&トリプルツリーの採用により、フロントタイヤが切れ込む悪癖が消えた

剛性アップしたフロントフォーク&トリプルツリーの採用により、フロントタイヤが切れ込む悪癖が消えた


そしてフロントフォークおよびトリプルツリーの剛性アップにより、太いタイヤが災いしてのコーナリング時の切れ込みが解消されていたのです。フォークそのものが太くなったためやや重ったるいところがありますが、切れ込みという悪癖が解消されるならこれで十分。もう、「フォーティーエイトは乗りづらい」とは言えなくなるかもしれません。

[左上]ハードキャンディーゴールドフレーク [右上]ベロシティーレッドサングロ [左下]ビレットシルバー [右下]ハードキャンディーカンクンブルーフレーク

[左上]ハードキャンディーゴールドフレーク [右上]ベロシティーレッドサングロ [左下]ビレットシルバー [右下]ハードキャンディーカンクンブルーフレーク


惜しむらくは、新しくなったシートか。カスタム色を前面に打ち出したオリジナルデザインながら、なかの素材がかなりやわらかいせいか、乗車時に体が沈み込んでしまうのです。もう少し反発力のある素材にしてやれば、性能がアップしたリアサスペンションの恩恵をもっと感じられるのではないでしょうか。

トータルで見れば、しっかりと弱点を克服したことからも大きく評価したいグレードアップでした。現オーナーが乗り比べると、その違いは歴然かと思います。幸いなことに、このリアサスペンションはハーレーダビッドソン正規ディーラーで単品販売もされるとのことなので、現オーナーもこのサスペンションに交換することが可能です。


それでは次ページにて、同じくリニューアルしたスポーツスター XL883N アイアンの感想をご紹介しましょう。

>> 次ページ スポーツスターのあるべき姿を伝えるアイアン


[HARLEY-DAVIDSON XL1200X SPECIFICATIONS]
XL1200X Sportster FORTY-EIGHT

XL1200X Sportster FORTY-EIGHT

全長/2,160mm
全幅/845mm
全高/1,085mm
ホイールベース/1,495mm
加重時シート高/710mm
車両重量/252kg
エンジン型式/Air-cooled, Evolution
排気量/1,201cc
フュエルタンク容量/7.9L
フロントタイヤ/130/90 B16 M/C 73H
リアタイヤ/150/80 B16 M/C 77H

■メーカー希望小売価格(消費税込)
[ビビッドブラック]150万円
[モノトーン] 152万2,000円
[ハードキャンディーカスタム] 154万4,000円
(2015年9月現在)