イメージを一新したパパサンアール

人気モデル XL883Rが装いを新たに!

人気モデル XL883Rが装いを新たに!

スポーティでコンパクトなサイズ感から、日本人向けモデルとも言われるスポーツスター。現在はXL1200X フォーティーエイトXL1200V セブンティーツーといったファクトリーカスタムモデルが人気を集めていますが、その名にあるとおり、スポーツスターとはハーレー流のスポーツバイクという解釈から生まれたモデルで、本来の姿を今に伝えるのがこのXL883R、通称パパサンアールです。

2009年までラインナップされていたスタンダードモデルXL883。XL883RやXL883Nアイアンはその派生モデル

2009年までラインナップされていたスタンダードモデルXL883。XL883RやXL883Nアイアンはその派生モデル

タイヤサイズやタンクの大小、シート、ハンドルのタイプ違いなどなど、最新スポーツスターにラインナップされているモデルはタイプごとに異なるパーツを用いられていますが、スポーツスター本来のオーソドックスなスタイルは、フロント19インチ & リア16インチホイールに容量12.5リットルのスポーツスタータンク、しっかりと伸ばされた前後サスペンションありき。

2009年までにラインナップされたスタンダードモデル XL883 を軸にスタイル展開するのがスポーツスター開発の流れでした。今回紹介するXL883Rもその派生モデルのひとつで、往年のファクトリーレーサースタイルをキャラクターとして備えた一台なのです。

オーソドックスなスタイルこそ魅力

スポーツスター XL883R

スポーツスター XL883R

現在のモデルラインナップにあるスポーツスターは計9台。このXL883Rを除く8台はいわゆるローダウンモデルと呼ばれる仕様で、またがった際の足着きを良くすることと、多くのカスタムスタイルの素地となるロースタイルを目指したもの。ハーレーダビッドソンと聞くと「大きくて重い」という印象があると思いますが、しっかり地に足が着けば、取り回しに対する不安も払拭されます。

XL883RとXL883Nアイアンとの高さ比較。ハンドル位置やシート位置、エアクリーナー位置などを見れば、車体の高さに違いがあるのが分かる

XL883RとXL883Nアイアンとの高さ比較。ハンドル位置やシート位置、エアクリーナー位置などを見れば、車体の高さに違いがあるのが分かる

XK883Rは、他のローダウン仕様モデルと比べてもしっかりとした高さを保っています。そもそも目指したものがロードレーサースタイルだったからというのも理由ですが、オートバイに必要なバンク角を保てることも目的のひとつなのです。

クルマと違い、オートバイは曲がる方向に対してバンク(傾ける)させて走っていく仕組みになっている

クルマと違い、オートバイは曲がる方向に対してバンク(傾ける)させて走っていく仕組みになっている

ふたつの車輪で支えられるオートバイはカーブに差し掛かった際、このように進行方向に対してバイクを傾けてクリアーしていきます。路面に対して“面”で支えるクルマと違い、“点”でバランスを取る構造ゆえの挙動なわけですが、ローダウン仕様だとバンク角(オレンジの線)がノーマルのそれより少なくなるため、ステップやマフラーをこすったりしてしまいます。

ただ、よりスタイリッシュさを求めたのがローダウン仕様なので、「走りを犠牲にしてでもスタイルを優先したい」のか、「きちんと走れる仕様でないと面白くない」のか、好みを明確にしたうえでバイク選びをされると良いでしょう。

スポーツスター XL883R レフトビュー

スポーツスター XL883R レフトビュー

オーソドックスなXL883はラインナップから姿を消しましたが、スポーツライドを楽しむために生み出されたスポーツスターの歴史を思うと、パパサンアールこそスポーツスター本来の魅力を今に伝えるモデルと言えるでしょう。

続いては、新しくなったグラフィックやXL883Rを選ぶメリットについてご紹介します。

>> 次ページ パパサンアールの変更グラフィックとメリット部分