キャラクターが分かれるフロントマスク

オーソドックスなテレスコピックフォークのほか、油圧式フォークにスプリンガーフォークなど個性的なディテールを持つのもソフテイルの特徴

オーソドックスなテレスコピックフォークのほか、油圧式フォークにスプリンガーフォークなど個性的なディテールを持つのもソフテイルの特徴


クラシカルなスタイルを重視するソフテイルですが、その特徴はソフテイルフレームだけではありません。中古車を含めると、大きく3タイプのフロントフォークを採用しています。現行モデルで見れば、スポーツスターやダイナといったモデルにも採用されているテレスコピック式に、FLモデルに多用される油圧式があるのです。さらに現ラインナップにはありませんが、1960年代のビンテージハーレーに見られたスプリンガー式を採用したモデルも存在します。

ビンテージ感満載のスプリンガーソフテイルは人気高し!

ビンテージ感満載のスプリンガーソフテイルは人気高し!


フリークのあいだで人気が高いのが、このスプリンガーフォークを採用したソフテイルモデル。突き詰めていけば、リアルなビンテージハーレーへ向かっていくことになりますが、「そこまで求めておらず、まずは壊れないことが前提で、それでいて古き良き時代のハーレーダビッドソンをほうふつさせるモデルがいい」という趣向の方にうってつけなスプリンガーソフテイル。エンジンもエボリューションなので、古き良き時代のハーレーでありながら故障の心配がない良いことづくめなモデルと言えます。

らしさ全開のカスタムが楽しめる!

カスタムでもっとも活かすべきはソフテイルフレームのライン。ビンテージ風カスタムのキモとも言える部位だ

カスタムでもっとも活かすべきはソフテイルフレームのライン。ビンテージ風カスタムのキモとも言える部位だ


伝統のリジッドフレームのラインを語り継ぐソフテイルモデル。それをカスタムするとなると、そのフレームが描くトライアングルのラインを活かしたクラシカルなスタイルがベストです。キャプテンアメリカ号のようなチョッパーカスタムも、このフレームラインなくして語れません。他ファミリーにはない個性だからこそ、最大限に活かすべきでしょう。

2007年式 スプリンガーソフテイルをベースに、1940年代のナックルヘッドモデルをイメージしてカスタムされた一台

2007年式 スプリンガーソフテイルをベースに、1940年代のナックルヘッドモデルをイメージしてカスタムされた一台


こちらのように、「前後16インチホイール」「スプリンガーフォーク」を併せ持つモデルがベースならば、必然的に1950年代以前の名車を再現するカスタムを……というテーマが生まれてきます。脈々と受け継がれてきた伝統を体現するファミリーだからこそ可能なカスタムスタイル、ソフテイルのアイデンティティはここにあると言っても過言ではありません。

もちろんビンテージスタイルに固執する必要はなく、チョッパー風クルーザーや現代版FLスタイルなど、バリエーションは多岐に渡ります。ただ、いずれもフレームラインありきのスタイル構築がキモになるので、他のモデルと比べる際はここをポイントとして見てください。

>> FXSB ブレイクアウトの試乗インプレッションを読む
>> FLSTN ソフテイルデラックスの試乗インプレッションを読む
>> FLS ソフテイルスリムの試乗インプレッションを読む

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。