ファッションはどうする?(前編)

「スケーターファッション」。なんか変な言葉ですね。正確に言うと「スケートボーダーの多くが好むファッション的傾向」ってことでしょうか?

今回はスケートボーダーのファッションについてご説明しましょう。
skateboarder2

スケートボーダー2



スケートボードのフィールド

スケートボードのフィールドってどこでしょう? 公園? パーク? 駐車場? どれも正解ですがハナマルの正解は「街」であります。サーフィンは海、スノーボードは山、そしてスケートボードは街なのです。僕が子供の頃に多かった砂利の道や、未舗装の路面ではスケートボードはできないのです。

「街」と聞いて皆さんはなにを連想しますか? 人混みや繁華街の光、大きな駅に遊園地やデパートなんかを想像する人もいるかもしれません。そこには常に変化していく最先端の流行があり、世界の大都市でもニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン、パリ、そして東京と、ファッションの最先端を突き進む大都市は整備された路面や施設が山盛りのスケートボードのメッカであり、スケートボーダーにとっては巨大なスケートボードパークのようなものでありました。


変化に敏感なスケートボーダー達

街は常に変化して行きます。古いビルは取り壊され、新しいビルが建ち並びます。開発が進めば街自体がどんどん広がっていき、公園や大きな施設も増えてきます。スケートボーダーはそういう街の変化に敏感です。自分たちがよりスケートボードを楽しめるフィールドが増える可能性があるから。

そして街の動きにも敏感です。スケートボードで街中を移動していれば、新しいレストランやブティックを見つけたり、工事現場やいつもと違う動きを敏感にリアルタイムで目にします。常に街を一番把握しているのがスケートボーダーだと言っても過言ではないでしょう。

そんなスケートボーダー達は独自のネットワークを持っていて、特にギヤやシューズやファッションの流行、性能やデザインの評価などは瞬時に広まっていくのです。時代背景やローカリズムが反映される形でスケートボーダーの間で流行ったものが、ファッションに敏感な人たちに取り入れられ、大きな潮流になるケースも多いのです。

>>つぎのページではスケートボードの時代背景などを紹介