JSON.parse

RubyであるURLからリソースを取得する一番簡単な方法は、標準ライブラリのopen-uriを利用してURLを直接openすることです。JSONデータが帰ってきますが、この時点ではただのStringです。

レスポンス文字列をRubyのデータ構造、Hashに変換するにはrequire 'json'で利用可能になるJSON.parseメソッドを使います。

Hashie

ずいぶん昔の記事 RubyGems (gem) の使い方・インストール方法でも少し触れたHashie gemは、このような外部APIからのデータを扱う時に威力を発揮します。

おわりに

以上で、外部サービスから取得したJSONデータをRubyで取り扱う基本的な操作の紹介は終わりです。今後の記事で公開されているサービスのAPIを利用することがある場合、今回の内容を思い出して頂ければと思います。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。