注目すべきトレンド「ノームコア」って?

ノームコア

ストーンウォッシュのデニムは、ノームコアの代表的アイテム。TOPSHOP / TOPMAN


ちょうど2014-15秋冬コレクションが開催されていた2月、米誌『ニューヨーク・マガジン』が発表した次なるトレンド「ノームコア(Normcore)」が、ソーシャルメディアで話題に上っていました。「ノームコア」とは「ノーマル」と「ハードコア」を組み合わせた新語で「究極の普通」という意味。これは元々米国のK- ホールというトレンド予測企業が作ったワードで、一般的にごく普通に着るような普段着のことを指します。

例えば、近年のニューヨークでは、ダウンタウンの女子たちが、ショッピングモールで買ったようなTシャツやスニーカーを身に付けているというのですが、これこそ「究極の普通」のファッション。日本でも衣食住からレジャーまで、何でもイオンで消費する「イオニスト」という造語が生まれるくらい、ノームコアはニューヨークに限らず、流行していると言えるでしょう。わざわざ青山や渋谷・原宿にあるショップに足を運ぶのではなく、近所のモールでファッションを買うというのが、あたりまえの時代になりました。

ノームコアの代表的なアイコンとして挙げられるのが、Apple創業者のスティーブ・ジョブズ。彼は常にイッセイ・ミヤケの黒のハイネックセーターとリーバイスの ジーンズ、そしてニューバランスのグレーのスニーカーを履いています。本当にどこにでもいそうな、普段着として誰もが着ていそうな普通の装いですね。また はノームコアをスタイル化している例の代表としては、ネット上ではオバマ大統領がPresident Normcoreなんてアイコンになっているそうです。


次のページでも、引き続きノームコアを解説します!