セルフネイルなんでもQ&A

Q4 根元が伸びたり、爪先のネイルがはがれたりとみっともない状態に……。応急処置の方法を教えてほしい!

A ストーンやラメなどを根元や先端にアレンジすれば、長く楽しめるデザインに

伸びた根元はラメやストーンでカバー
爪は1週間で約0.7ミリ伸びると言われています。その小さなすき間を上手にカムフラージュして、せっかくキレイに塗ったネイルを長持ちさせちゃいましょう。

1週間程度ならば、伸びた部分を含めて爪全体に大粒のラメが入ったカラーを重ね塗り。キラキラと輝いて、目くらまし効果を発揮してくれます。もう少し伸びてしまったら、根元をふちどるようにラインストーンやお花のネイルシールをオン。逆フレンチ風に見えて、デザインアレンジを楽しめますよ。

ラメグラデやフレンチで先端にアレンジを
先端がはげてしまう前に2~3日に1度トップコートを塗り直したり、日頃から爪先を使わず指の腹を使うなど、指先のしぐさにも気を配るようにすると美しい指先がキープできますよ。

はげてしまった部分を除光液でなじませて同じカラーを塗り足すこともできますが、ムラになってしまうこともあるので、思い切ってデザインを変えるのも◎。濃い色のラメを先端に重ねたラメグラデーションや、まっすぐのラインを引いたフレンチなど先端にアレンジを加えてしまうのもオススメです。