球団オーナーとなり選手のカードを収集して育成

 

 

 

 

■アプリ名
9イニングス:2013プロベースボール
(「9イニングス:2014プロベースボール」にアップデート済み)

■おすすめの理由/特徴など
実在するメジャーリーグ30チームと約1400人のシーズンデータを基にした選手のカードを使用して遊べる「リアルな野球ゲーム」。
プレイヤーは球団オーナーとなり選手のカードを収集して育成をしていきますが、選手だけでなくチアリーダーなどのカードも収集できるのが面白い点です。


遊べるモードが豊富

「親善モード」/「リーグモード」/「ホームランダービー」/「スペシャルモード」があり、プレイしたいモードを選択できるようになっています。

■親善モード

相手チームを選んでプレイでき、難易度の設定も可能なため、最初はこのモードで練習することをおすすめします。
オプションでホームやアウェイ、プレイ時間帯などが設定でき本格的な野球が楽しめます。

リーグモード
その名の通り、実際のリーグ日程を基にしてリーグ戦を行うリーグモード。
リーグ戦の中にプレーオフシーズンから開始する40試合のモードから、フルリーグ(162試合)を行うモードを選択できるようになっています。
また、目標を設定してその目標を達成することで、カードやポイントを報酬としてを貰うことができます。

■ホームランダービー
チームから1人を選択してホームランを打つモード。
10球ホームランが打てないと終了しますが、ホームランを打ちまくれば終わりません。
その中でも「ゴールデンボール」というボールをホームランすると通常よりも高得点が貰えます。

■スペシャルモード
色んな選手カードを持っている相手と試合をするモード。
最初からこのモードを選択してプレイすると、まず勝てません。

操作方法

バッターの場合、投げられたボールに対しタイミングよくタップするだけのシンプル操作です。
タイミングをあわせるだけで、カーソル移動等はありません。

自分の持つカードを強化し、どんどん強くしていく。そんな野球ゲームです。


■9イニングス:2014プロベースボール
メーカー:Com2uS
価格:無料
Googleplay公式サイト:play.google.com/store/apps/details

※データは記事公開時点のものです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。