ダンスに真摯に向き合う主人公を描いた少年漫画
『ボールルームへようこそ』

 

 

■作者名
竹内友

■連載雑誌
月刊少年マガジン(2011年~)

■おすすめの理由
社交ダンスを主題にしたスポーツマンガです。
社交ダンスといえば、バラエティ番組『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』でやっていた芸能人社交ダンス部を見て得た程度の知識しかないですが、十分ついていける内容です。というか、あの番組で、タレントさんが本業の合間を縫って深夜にひたすらレッスンに励み、ケガに苦しみながらも大会で勝ち進んでいく姿に感動した人ならハマれます!

また、この作品はよくあるスポーツマンガのプロットを踏襲されているので、スポーツマンガファンにもとっつきやすい描かれ方をしています。

主人公、富士田多々良はいじめられっこで、日々無気力に生きる少年。いじめられているところをプロダンサーの仙石に助けられ、ダンススクールに通う花岡雫に恋心をいだいたことから社交ダンスをはじめることに……、というのが第1話の流れですが、1巻の最後でもう競技ダンスの舞台に立ってしまったり、2巻では格上ダンサーに勝負を挑むことになってしまったりと、展開がはやいです。この成長の早さは『スラムダンク』の桜木花道を髣髴とさせられます。

なじみのない社交ダンスというテーマながら、スポーツマンガのベタなプロットを組み込み、
ダンスに真摯に向き合う主人公を描きこんだ、まさに王道の少年マンガ。まだ5巻までしか発売されていませんが、先が楽しみです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。