秋葉原・神田エリアの水辺に赤レンガのオシャレスポット誕生

神田川に架かる万世橋から見たマーチエキュート神田万世橋

神田川に架かる万世橋から見たマーチエキュート神田万世橋

100年前の高架橋内の店舗

100年前の高架橋を利用

秋葉原駅、神田駅、新御茶ノ水駅、淡路町などから5分以内でアクセス可能な新商業施設『マーチエキュート神田万世橋』が、いよいよ2013年9月14日(土)オープンとなります。神田川沿いのJR中央線の高架橋を利用した2階建ての建物には11のショップが。そして明治時代に賑わった万世橋駅の遺構を再生・利用した、歴史的な見どころもいっぱいの新スポットです。

1912年(明治45年)に開業した万世橋駅は路面電車への乗り換えターミナル駅ということもあり繁華街へと成長しました。しかし関東大震災や太平洋戦争の激化で駅は次第に衰退し1943年(昭和18年)に休止。その後は交通博物館として70年間鉄道ファンたちに愛されてきましたが、老朽化のため2006年に閉館となりました。

1912階段

1912年の駅開業当時に作られた『1912階段』も現役復帰!

その旧万世橋駅を整備し、駅と同じ1912年に建てられた赤レンガの万世橋高架橋を利用して作られたのがマーチエキュート神田万世橋。駅廃止以来久しぶりのお目見えとなる開業当時に作られた『1912階段』や、交通博物館時代に展示されていた新幹線のレールなど、万世橋駅の歴史を物語る遺構が建物のあちこちに組み込まれています。

2階には万世橋駅のプラットホームが復活。 なんと素敵なカフェに変身です!
>詳しくは、次のページ