子供の服

MBK

バンコク市内で子供服を買うために必ず一度は足を運ぶMBK

安くてかわいい子共服が、タイ国内のマーケットに行けばどこでも簡単に見つかります。ガイドがおすすめしたいのは、欧米の子供服ブランドのアウトレット品! アメリカ輸出の基準に合格しなかった難ありの商品、つまりアウトレットがバンコク市内のショッピングセンターや市場に入ってきます。そのほとんどはタイの工場で作られています。

カーターズ

ガイドにとって子供服はタイでの買い溜め定番土産

「Carter's」や「Gymboree」「Laura Ashley」など種類も豊富。時々タグがはさみで切られていたり、ブランド名がマジックで消されていたりもしますが、最近は意外とタグもそのままの状態で売られているものも多いようです。ワンピースであれば300バーツ(約900円)くらいから。ショッピングモールなどのワゴンセールの場合は、タイミングが合わないと買うことができませんが、サイアムにあるMBKセンターであればアウトレット専門ショップも何店舗かあります。

<DATA>
MBK Center (エム・ビー・ケーセンター)
住所:Phayathai Road, Wangmai, Patumwan, Bangkok
TEL:02-620-9000
営業時間:10:00~21:00
アクセス:BTSナショナルスタジアム直結

タイの靴

ガイドは毎回タイで靴を買いだめすることにしている

あまり知られていませんが、タイは安い靴から少々値段が張りますが質の高い靴まで、多種多様な靴を買うことができるのです。

市場に行けば1足190バーツ(約570円)くらいから、サンダルやミュールが手に入ります。「旅行中だけ履く」という人であれば、お手頃価格の靴もおすすめです。

ガイドは旅行中だけでなく日本でもしっかり履きたいので、質もデザイン性も高い靴を買うことにしています。バンコクにはタイ発の靴ブランドもいくつかあり、かなり種類も豊富。ガイドのおすすめはセントラルワールドというショッピングセンターに入っているデパートZENの2階にあるレディースの靴売り場。40以上の国内外ブランドの靴の売り場がフロアの半分くらいを占めています。

値段は1足1000バーツ(約3000円)くらいからと、市場の靴と比べたら値がはりますが、よく見ると質も良く日本で買うと倍以上の値段はしそうなものも結構あります。ガイドのお気に入り靴ブランドは「MYWARISA(マイワリサ)」というタイ発ブランド。東京の代官山にも店舗を構えていて、日本でも「履き心地がよくてかわいいフラットシューズのブランド」として知られています。タイなら日本の半額くらいの1200バーツ(約3600円)から購入することができます。

MUZINA

こちらはMUZINAの靴。オーダーメイドをする際、一番不安な「言葉」の心配なく、好みを日本人スタッフに伝えることができるのは助かる

他にも某有名バレーパンプスよりも履き心地が良いと評判のセミオーダーメイドのバレエバンプス専門店「Ballet shose(バレーシューズ)」がターミナル21に、そして日本人含むデザインチームが作るオーダーメイドシューズブランド「MUZINA(ムジナ)」がスクンビットSoi 14にあり地元タイ人やバンコク在住外国人がよく利用しています。オーダーメイドの場合、外国語で自分にぴったりなサイズや好みを伝えることができるかどうかが一番不安ですよね。しかし、MUZINAは日本人スタッフが在住しているので、足の長さ、つま先、足首と、それぞれサイズを別に作ってもらうことができ「自分の足だけにフィットする」特別な靴を日本語でオーダーすることが可能です。

ハンドメイドの場合、2000バーツ(約6000円)以上するので、タイの物価から考えると高いと感じるかもしれませんが、デザイン性、質の高さを知っている人にとってはかなり、お手頃な値段と言えるでしょう。

<DATA>
ZEN Department Store(ゼンデパートメントストア)
住所:Central World 4,4/5 Rajdamri Phathumwan
TEL:02-100-9999
営業時間:10:00~22:00

TERMINAL21 (ターミナル21)
住所:2/88 Sukhumvit Soi 19 (Wattana), Sukhumwit Rd., North Klongtoei
TEL:02-254-0143
営業時間:10:00~22:00

MUZINA(ムジナ)
住所:24/1 Sukhumvit Rd., soi 14
TEL:02-6533-788
営業時間 10:00~18:00
定休日:水曜日