jQueryのダウンロード

jQueryは公式サイトで入手することができますが、それ以外にも次の場所で入手できます。

・Downloading jQuery
http://docs.jquery.com/Downloading_jQuery
jQueryサイトのダウンロード専用ページです。各バージョンのリリースノートと共に入手することができます。また、NIGHTLY BUILDSと呼ばれるテスト中のバージョンやCDN、GITなどについてのアナウンスも得られます。

・github.com
http://github.com/jquery/jquery
jQueryのすべてのソースコードはGitのリビジョン管理の下で、いつでもオンラインで閲覧することができます。

・CDN
インターネット経由オンラインでライブラリを配布しているCDN(Contents Delivery Network)です。

jQuery UIのダウンロード

jQuery UIは、jQueryの公式なライブラリ群で、ドラッグドロップ、リサイズ 、カレンダー、アコーディオン、ピッカー、ダイアログ、ソーターテーブルなどのウィジェットや多彩なエフェクト拡張などが含まれています。

jQuery UIには、すべてのウィジェットのデザインを統一するためのフレームワーク ThemeRoller が用意されています。

一般的なダウンロード方法は、このサイトにアクセスし、必要なコンポーネント(アコーディオンAccordion や エフェクト Effect "Blind")などにチェックを入れて、Themeのセレクトボックスから「Smoothness」や「Sunny」などを既存のいくつかのテーマから選びダウンロードボタンを押します。これで、そのテーマに従った、cssや画像、デモなども含むzipファイルがダウンロードできます。

また、カスタマイズしたテーマ一式を作成することもできます。

テーマローラーのページへ行くと、自分でフォント設定(Font Settings)、コーナーの丸め(Corner Radius)、Header/Toolbarの背景色やboreder色などいくつもの項目を設定できます。

それらの設定をいじると、すぐにその場でサンプルのCSSが下記変わるので、自分の目で確かめながらデザインを決めることができます。

そのうえで、ダウンロードすると、今カスタマイズしたオリジナルテーマ一式を手にいれることができます。

なお、Google CDNの場合は、jQueryUIも利用できるので、次のような読み込み方も可能です。
<script src="http://www.google.com/jsapi"></script>
<script>
  google.load("jquery", "1.4.2");
  google.load("jqueryui", "1.8");
</script>



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。