安全な廃棄のための様々な最終依頼先

 

 

 

 

企業でご利用のPCの場合は所定の手続きを踏んだ上、会社側で専門業者へ依頼、という形になるかと思いますので、一般個人のPC及びHDDの廃棄についてです。今回は現実的な廃棄の仕方に観点を置いた回答です。

まずHDDがまだ動く場合は、その後どのような処分をするにせよ、念のため自分でできる範囲で、前2回答の様にHDDのデータは消去しておいた方が安心です。

PCリサイクルマークが付いているPCなら、メーカーが無料で回収してくれます。メーカー毎の具体的な処分の流れはこちらで調べられます。
http://www.pc3r.jp/index.html

マークが付いていないPCの場合は、メーカーに送る場合、処分・送料込みで1台4000円以上はかかってしまいますので、別の選択肢を考慮しても良いかもしれません。

例えばPCショップにはかなり安価でサービスを提供しているところが多いです。また条件は厳しいですが、無料で(PCの)廃棄処分をしてくれる自治体が一部あります。

そしてもう一つ、PCのリサイクル業者に依頼する方法もあります。この様な会社は沢山ありますが、廃棄処分は基本無料のところが大半です。
違いは、下記の通りです。
  • 送料が有料か、無料か
  • HDDのデータ消去を行うかどうか、その証明書を発行してくれるかどうか、それは有償か無償か
  • モニターや外付けHDD等周辺機器も一緒に送れるか

評判が良く実績があり事業内容をしっかり公開しているところは、例えば下記があります。この様な会社ではまず再利用可能なPCを選別し、HDDデータの消去を行います。
不可能なPCは、例えばPC本体、HDD共に稼動しないもの等ですが、まだ使えるパーツや、金・レアメタル等の素材を取り出します。

またこの様な業者は個人ではまず利用できない物理的破壊機器や消磁装置でHDDを徹底的に破壊してくれます。

○「パソコンファーム」をレポートした「PC Watch」の記事 
pc.watch.impress.co.jp/docs/column/hot/20101213_412715.html

この様な仕組みがビジネスとして成立するので無料サービスでも安心して依頼できます。もっとも一部には良くない業者もいますので、よく調べ納得した上で利用するのが良いと思います。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。