専門業者に依頼する

 

 

ハードディスクを廃棄する際には、住所録データや、会員制サイト・オンラインショッピングの・ネットバンクなどのID・パスワード、家計簿、写真などのデータを残さないように注意しましょう。

ハードディスクを初期化すると、これらのデータが簡単には取り出せなくはなります。しかし、データそのものはハードディスクに残っています。つまり、「データの入っている引き出しが開かなくなっただけ」なので、悪意のある人が強引に引き出しを開けようとすれば、データが取り出せてしまうことになるのです。

そこで、データ消去の専門業者に依頼することをお勧めします。

専門の業者は様々な方法を用意しています。
  • データ消去ソフトを使用して消去する
  • 強力な磁気や電気などを利用してデータを消去する
  • 物理的に破壊する
どの方法にもメリット、デメリットがあります。たとえばデータ消去ソフトを利用する方法は、ディスクそのものが破損して、書き込みができない状態になっていると、使えません。ハードディスクの物理的破壊は、データそのものは破壊しないので、分解や焼却、粉砕などが確実に行われる必要があります。業者とよく相談して決めましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。