省電力設計でデジタル家電との連携も可能

 

 

 

 

私はPCデータの保存先の一つとしてのみ活用しています。購入して1年程ですが不具合など今のところありません。

2つのソフトウェアで高速コピー

PCのデータを外付けHDDにコピーするにはやはりコピー速度は大切な要素です。この製品には高速化ソフトウェア「ターボコピー」と「ターボPC」が添付されており、これらのインストールで速度が約2.8倍になります。

省電力設計

一定時間データの転送がないと待機時に自動でHDDの回転を停止し、“省電力モード”に切り替えます。約75%の消費電力がカットできます。複数台接続では個別に設定も可能です。

デジタル家電と連動できる

東芝の液晶テレビ「レグザ」、一部のシャープ製液晶テレビ、東芝ハイビジョンレコーダー「VARDIA」、等に対応しています。ハイビジョン放送も録画可能です。

PCを経由せずビデオカメラから直接保存

ソニーの「ハンディカム」、山洋の「〈Xacti(ザクティ)」、日本ビクターの「エブリオ」などに対応しています。その他プレイステーション3との連携やtorne(トルネ)の番組録画にも対応しています。


■HD-CBU2シリーズ
※現在公式には既に販売が終了しています。たまに非常に安価で出るときがありますので候補の一つにされても良いかもしれません。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。