まるで本物! 「食品サンプル作り」体験

 

 

レストランのショーケースに並ぶおいしそうな料理のサンプル。さぁ、何を食べよう、どれにしようかとどれもおいしそうでなかなか選べません。それにしてもよくできたサンプルの数々。まるで本物のようです。

食品サンプルは大正時代から昭和初期にかけて日本で発明されました。いかにおいしそうに見せてお客を呼び込むかといった宣伝方法のひとつでもある食品サンプルですが、一方で、うちではこんなものが食べられますよ、という店側のお客に対する親切心さえも感じられます。いかにも日本らしい発想です。

精巧に作られた食品サンプルは、今ではストラップやキーホルダーとしても販売され、日本を訪れる多くの外国人がお土産として買い求めるほどの人気です。

また、密かにブームとなっているのが、「食品サンプル作り体験教室」です。浅草にある「元祖食品サンプル屋」で開催される教室は、数か月先まで予約が取れないほどの人気です。

食品サンプルは進化に伴いシリコンなどの劣化しない材料を使われるようになりましたが、昔は全てロウで作られていました。ここではその手法で、ロウを使ってレタスと天ぷら作りを体験できます。

ロウが程よく溶ける温度に設定された温水に溶けたロウを流し込み、さっと一すくいすると、あっという間に一枚のレタスの完成。コロモにみたてたロウをエビにつけて温水にくぐらせれば、天ぷらの出来上がり。その感覚は、油で揚げる天ぷらそのもの、まるで本当に料理をしているかのようです。

家に持ち帰り、お皿に乗せて食卓に並べれば、家族の誰かが間違えて箸を伸ばして食べてしまいそうです。

【 元祖食品サンプル屋 合羽橋店】
・場所:東京都台東区西浅草3-7-6
・電話:0120-17-1839(フリーダイヤル)
・営業時間:10:00~17:30  
・定休日:無休
・費用:2300円
・所要時間:60分程度
・アクセス:つくばエクスプレス「浅草」より徒歩5分、もしくは東京メトロ銀座線「田原町」より徒歩12分
・URL:http://www.ganso-sample.com/experience/
・備考:定員制、要予約

※上記データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。