口座の名義変更に必要な書類を準備

取得者は銀行に行ける人に

取得者は銀行に行ける人に

名義変更では下記の資料が必要になります。特に印鑑証明の必要な数量を確認します。返却してもらえるかどうか?もあわせて各金融機関に確認します。

■必要資料
  • 相続届(遺産分割協議書の代わり)
  • 戸籍謄本セット(被相続人の出生から死亡まで、相続人全員分)※1
  • 相続人全員の印鑑証明(発行から3カ月または6カ月以内の条件あり)※2
  • 亡くなった人名義の通帳・証書・キャッシュカード、残高証明
※1 戸籍謄本は返してもらうことができます。あらかじめ「返却してください」と伝えておきます。
※2 印鑑証明は返却してくれるところと、そうでないところがあります。これも一応返却の希望を伝えます。

上記資料のうち、他の相続人には、その人の戸籍※と印鑑証明を依頼します。

※被相続人と同一の戸籍の場合には不要

相続届で名義変更・解約へ

金融機関では、遺産分割協議書を作成していても、銀行所定の書類(相続届)の提出が必要になります。そのため、遺産分割協議書を作成していても、「遺産分割協議書作成前」として手続きします。

相続届に記入する際に、受取人は窓口に行ける人にします。遺産分割は後で調整できますので、受取人は手続きを行える人にするといいのです。例えば、配偶者を受取人にしておいて、後で作成する遺産分割協議書の中で、「配偶者はA銀行の取引全部(200万円)を取得する」と「配偶者は、長男に代償金として200万円を支払う」とできるためです。

なお、銀行では、相続人ごとに振り込んでもらうこともできます。しかし、ゆうちょ銀行では、代表者に全額払い込まれます。

金融機関が必要資料を確認し、1週間程度で振り込まれます。


相続が発生するとこのような手続きが必要になりますので、相続発生前に取引金融機関を絞り込んでおくことも相続対策の1つです。


【関連記事をチェック!】
遺産分割の不動産の評価
代襲相続とは?その仕組みを解説
遺言を発見!どうする?どうなる?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。