オール電化にすると基本的な料金が下がります

光熱費とは、ガス代と電気代を足したものです。
ガス代と電気代にはそれぞれ基本料金というか、最低利用料金が設定されています。我が家では、そこの部分を削りたいと思い、オール電化にしました。ガス代の基本料金の方が高かったのと、オール電化にする事で、電気代の単価が下がり、特に深夜電力の単価が大幅に下がるため、ガスではなくオール電化にしました。光熱費という意味では、オール電化にした事によって大幅に支払い額が下がりました。

我が家の電気代で一番かかるのが、空調と照明です。
空調には、夏も冬もエアコンだけの使用です。
天井にファンを取り付け、空気を回すことで、夏は足下だけ冷えたり、冬は顔の部分だけ熱くなったりぜずに、部屋全体がむらなく快適な温度になります。
少量の使用で快適に過ごせます。さらに、電気代を下げる為、照明はLEDにし、使用しないモノのコンセントはこまめに抜き差ししています。
電気ポットや炊飯器の保温も使用しない方が良いです。
洗濯物もできるだけまとめて洗濯機を使用し、トイレに保温便座を使用している場合は、必ず蓋をしましょう。蓋をすることによって熱が逃げなくなるので、電気の使用が控えられます。


【新サービス事前登録のご案内】
あなたの「経験談」を、誰かの役に立ててみませんか?

オールアバウトは今後、「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。「ファイナンシャルプランナーに相談したら家計が黒字化した!」「家族にバレずに債務整理できた!」など、あなたの体験談を登録してみませんか?

あなたの経験が、きっと誰かのチカラになります。副業としても、ぜひお気軽にご参加ください!

登録はこちらから

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。