手袋は必須!脱ぎ着しやすい服装を用意しておこう

アイススケート場はやはり寒いので、手袋は必需品です。転んだときには手指の保護にもなりますので、忘れずに持っていきましょう。手は冷たくならないように暖かくしてください。スケートが上手な方はそれほど心配いらないかもしれませんが……。

滑るときは、あまり厚着をしなくても、汗をかいてしまうこともあるので、服装はほどほどの着込みにしておくとよいでしょう。できればコートの中は、カーディガンなど、脱ぎ着しやすい服装がよいかと思います。

スケート靴のサイズには注意が必要です。厚手の靴下を履いていくと、靴が履きづらくなってしまいます。

手荷物がある場合、ロッカーに預けたりするかと思うのですが、小銭を入れるコインケースをポケットなどに入れておけば何かと便利です。休憩場がある場所には、自販機でドリンクを、時にはお店でカップラーメン、軽食を買ったりすることが多いです。

スケートって、案外お腹が空くんですよね。私の場合、家族といっしょにスケート場に入場して1日を過ごすパターンがほとんどですので、必ずマイポットやお菓子、おにぎりや菓子パンなどを持参しています。

リンク近くでちょっと休憩するとき、熱くなった体が冷めて寒くなってくるので、ポケットにカイロを忍ばせておくのもいいと思います。

幼児のお子さんの場合はナイロンパンツやスキーウェアがベストです!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。