ピンに向かってアイロンをかけるイメージで投げる

 

 

私は生粋のストレートボーラーですが、たまにはきれいなフックボールも投げてみたいと思っていました。

そんなある日、たまたまテレビで見たのが、きれいなフックボールが出る投げ方でした。

簡単に説明すると、「ピンに向かってアイロンをかけるイメージで投げる」というものです。

以下、右利きの場合の説明です。

  1. 普通にボールを持つ(親指、中指、薬指を入れる)
  2. レーンの若干右側に立つ
  3. あとはスパットに向かってアイロンがけ(アイロンの先をスパットに合わせるように)するイメージで投げる

ポイントは、写真のように、「アイロン(人差し指・中指・薬指・小指)」と「腕の振り」をスパットやピンに向かって真っ直ぐ(垂直)にすることです。変に手首を使わなくても、親指1本より他の指の4本の方が力が強いので、自然にボールが曲がりますし、ただ真っ直ぐ投げるだけなのでコースも安定します。

よかったら試してみてください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。