「JAWS」と「WARRIORS」に注目

日本未発売になるゲームソフトでオススメなのは「JAWS」です。

これは、プレイヤーが鮫となって、人間が自分を閉じ込めている施設を破壊し、人間を食い尽くすという映画「ジョーズ」などとは、正反対の方向から真っ向勝負したゲームです。

いわゆる「バカゲー」というものですが、コレを作ったスタッフは名作「アクアノートの休日」を作ったスタッフなのでクオリティは太鼓判です。

また、日本ではいまいち発売されない映画をゲームにしたシネマゲームの代表としては「WARRIORS」がオススメです。

ウォルター・ヒル監督のあの「ウォリアーズ」を観たことがある人なら、熱くならずにはいられないあの蒸し蒸しして殺気立った夜のアメリカの再現度にわくわくさせられるでしょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。