Yahoo!オークションは利用者も多く、とても活発に取引が行われているオークションです。登録者数も多く、金銭取引にかかわる登録情報もあるので、ネット詐欺のターゲットになりやすいのも事実です。ネット詐欺の中でもよく耳にする「フィッシング詐欺」をよく知った上で引っかからないように注意しましょう。

■フィッシング詐欺とは
正規のメールやWebサイトを装い、個人情報や会員ID・パスワードなどを盗み取ろうとする詐欺です。Yahoo!オークションの場合は、偽メールから偽サイトに誘導し、IDやパスワードをはじめ、個人情報やクレジットカードの番号を盗み取ろうとすることが多いようです。

■ひっかからないために注意すべきこと
怪しいと思ったメールのリンクをクリックしないことが一番ですが、最近のフィッシングメールは精巧にできているので、見分けるのが難しいかもしれません。

一番有効なのは、リンク先のアドレスです。「http://auctions.yahoo.co.jp/」というヤフーオークションのURLや「http://●●●.yahoo.co.jp/」という、Yahoo!JAPAN関連のURL以外で、IDやパスワードを入力してはいけません。

メール本文のアドレスに「~yahoo.co.jp/」が含まれていてもリンク先は違うアドレスということもあります。特にHTMLメールには注意が必要です。Webブラウザで開いた際のアドレスに注目しましょう。

■Yahoo!ツールバーの警告機能を活用
IEとFirefox版のYahoo!ツールバーにはフィッシング警告機能がついています。フィッシングサイトと思われるサイト(すべてではありません)を閲覧しようとした時にポップアップが出て、ユーザーにフィッシングを警告してくれます。利用は無料なので、ダウンロードしておくといいと思います。

Yahoo!ツールバー
http://toolbar.yahoo.co.jp/promo2/



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。