もうすぐ会える愛しのベビーに、どんな名前を贈りますか? 先輩パパ・ママの名付けテクを、たっぷり紹介します!

誕生の喜びを詰め込んでみたいから コレだ!と思った「イメージ」を優先

自然界や色、趣味などにちなんだ自分たちが好むイメージがキーワード。こちらも愛するわが子への想いが込められた、よく使われる方法です。ひらめきという勢いも加わり、候補が次々と挙がってくるという声も。先輩たちの意見を参考にしながら、ベストな名前をじっくり選んでみましょう。

【Girl's name】 「生まれた季節」にちなんで決めました!

  • 悠/はるか:2月生まれでこれから春を迎える季節感を出したかったのと、秋篠宮家に生まれた長男の文字が印象にあり、同じ使うなら「遥」より「悠」のほうがゆったり感が出ると思いました。(40代・男性)
  • 六花/りつか:季節にちなんだ名前にしたかった。「六花」=「雪」の意味。出産当日は快晴でしたが…。(30代・女性)
  • 夕楓/ゆうか:秋生まれのため楓という字を使いたかった。しかし、苗字の漢字とのバランス、楓の読み方から「楓=カ」と読ませて女の子らしい響きにした。ユウカちゃんはかぶっても字で同じ子は見たことが無い。(20代・女性)
  • 穂/みのり:出産予定月が8月で稲穂が出る季節でした。農家は稲穂が出るのを待ちわびています。この子も沢山の人が生まれるのを待ちわびていた想いを込めました。稲穂のように実り多い人生であってほしい。この子が授かった事で私たちの人生もとても豊かに実り多いものになったため。(40代・女性)
  • 青葉/あおば:妊娠中に「この子のイメージカラーは青」とひらめき、「青」のつく名前をつけたいと思っていた。新緑の季節5月生まれで勢いのあるイメージに魅かれ「青葉」に決めた。姉の「春月/はづき」と自然にちなんだ名前同士、相性が良いのもポイントだった。(40代・女性)
  • 楓香/ふうか:女性らしい、ふわっとした感じの名前、秋に生まれたので季節感もある名前にしたかった。木の香り、風の香りのような自然を感じ取れる女性になってほしいという願いもあります。(20代・女性)

【Girl's name】 「成長したわが子のイメージ」から付けました!

  • 日菜乃/ひなの:かわいらしく女の子らしい名前に、ハワイのお花の名前の意味もあり、ハワイ好きのわが家にぴったりだった。全体のバランスを考えた字画にした。(20代・女性)
  • 碧衣/あおい:海の碧色が私のとても好きな色だったので「碧」を名前に付けたかった。名前の響きを考えて「碧」を使う名前の中から「アオイ」を選んだ。「衣」は碧色のお洋服をまとったかわいいわが子を想像して「碧衣」と名付けました。(20代・女性)
  • 朱里/あかり:明るく積極的な雰囲気からと、兄が「蒼太」と青のイメージなので、赤のイメージで兄妹での関連をつけたかった。(30代・女性)
  • 晴海/はるみ:海の近くに引っ越してきてから産まれた子供なので、晴れた日ののどかな水面をイメージさせる名前になりました。(40代・女性)
  • ぴあ:珍しい名前にしたかったのと、英語のピュア(純粋)や、ピア(仲間)、ピアノをかけた。(30代・女性)

【Boy's name】 「授かったときの直感」で決めました!

  • 斗輝/とき:生まれたわが子をみてインスピレーションでお互い“輝”が出てきて、男の子らしい強い子になってほしくて“斗輝”にしました。(20代・女性)
  • 月斗/げっと:上の子が「太陽」なので、対になるような名前にしたかった。破水して病院に行ったのが深夜3時。夜空にきれいな三日月が。斗は、「ひしゃく」の意味もあり、月斗でそのときの三日月を表しました。(20代・女性)
  • 結仁/ユイト:本当は就職を機に遠距離恋愛になる予定だったけれど妊娠をきっかけにできちゃった結婚をし、主人と側にいられるようになったので二人を結びつけてくれたという意味と大切な人と私たちを結びつけてくれる存在でいてほしいという想いをこめて「結」の字、人の心を大切にするという意味がある「仁」の字にしました。(20代・女性)
  • 瞭/りょう:生まれた時から、目をよく見る子だったので、明瞭に自分の道を見つけていってほしいとの願いもこめて、「瞭(りょう)」と名付けた。(30代・女性)
  • 彩斗/あやと:妊娠がわかったときに空いっぱいにかかった虹があまりにもきれいで、彩ると空に浮かぶ北斗七星の斗をくっつけて「彩斗」にしました。(40代・女性)

【Boy's name】 「さわやかなイメージ」から付けました!

  • 駿/しゅん:草原を颯爽とかけぬける馬のようなイメージで名付けた。(30代・女性)
  • 倖成/こうせい:やさしいイメージの漢字にしたかった。しあわせになってほしいという願いをこめて付けました。(30代・女性)
  • 悠聖/ゆうせい:やさしく、さわやかな子供に育ってほしいと願いを込めて。(30代・女性)
  • 爽吾/そうご:めでたいイメージの漢字を使いたかった。2人目ということもあり、さわやかなスピード出産で産まれてきてくれたことからも。(20代・女性)
  • 颯太/そうた:5月に生まれるのでさわやかな素敵な男の子に育つように。(20代・女性)
  • 始/はじめ:イマドキのホストみたいな名前じゃなく、おじいちゃんになっても長く使える、日本人らしい名前をイメージして考えました。字画がよかったのももちろんですが、「君が生まれて父ちゃんと母ちゃんはやっと家族になれたんだよ。」という意味も込めて、「家族の始まり」=「始」としました。(30代・女性)
  • 蒼生/アオイ:我々両親が自然好きなので、土に根ざして蒼々と生い茂る草のイメージで付けました。それから「蒼生(ソウセイ)」という単語に「全ての民」という意味があり、名誉や権力に関係なく、周囲の人たちと助け合いながら生きていってほしいという願いも込めています。(30代・女性)
  • 光太朗/こうたろう:男の子らしい名前にしたかったので、~太朗 とつけたかった。男の子なので一生変わらないであろうと思われる字画も重要視したうえで、8月の太陽=光のイメージから、また「光」の漢字の持つ意味「希望」から光太朗と名付けました。(30代・女性)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。