妊娠線とは?

妊娠線

妊娠線とは真皮の断裂跡のこと(クリックすると拡大します)

一般に「妊娠線」と呼ばれるのは、お腹やバスト、太もも、ヒップ、二の腕などにできる真皮の断裂跡のこと。個人差はあるものの、妊娠5~7ヶ月のお腹が大きくなり始めるころからできやすくなります。1本だけできる人もいれば十数本という人も。

できてしまった妊娠線は、出産後徐々に目立たなくはなるものの、残念ながら完全にもとに戻すことはできません。

 

妊娠線ができる原因

妊娠線ができる原因としてよく言われているのは、妊娠中の急激な体重増加。お腹が大きくなったりバストやヒップが豊かになるスピードが速いと、真皮や皮下脂肪の伸びが追いつかず、断裂が起こってしまうのです。

さらにもうひとつ。美容皮膚科医の片山聖子先生によると、妊娠中に分泌が増えるステロイドホルモンに、肌のターンオーバーを抑制させ、肌が元気に生まれ変わることができにくくなる働きがあるのだそう。元気がなくなった肌は弾力を失い、断裂も起こりやすくなるというわけです。

体重コントロールと保湿で妊娠線をつくらないケアを!

妊娠線

体重コントロールと保湿が大事!

妊娠線を予防するためには、体重をコントロールして急激なサイズアップを防ぐこと。そして、肌にはうるおいを与え、ハリのある柔らかい状態にしておくことが大切です。妊娠線専用のケアクリームやオイル、お気に入りのボディクリームなどで保湿しながら妊娠線のでやすいお腹、バスト、太もも、ヒップ、二の腕などをケアしましょう。

 

>> 選ぶならこれ! 妊娠線ケアコスメベスト10
>> 「妊娠線・ボディケア」特集へ戻る
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、自己判断せず必ず医療機関に相談してください。