最高のロマンティックプレイス
「ナチュラルブリッジ」で土ボタル観賞

ナチュラルブリッジ

ナチュラルブリッジで観賞できる土ボタル、幻想的な光がロマンチック (c) JPT Tour Group

世界自然遺産「オーストラリアのゴンドワナ多雨林群」に属するスプリングブルック国立公園のナチュラルブリッジは、風化によってできた自然の橋。長い年月をかけて流れ落ちる水で、滝の裏側が浸食され洞窟になったもの。亜熱帯雨林散策は、日中もいいですが、ガイドのオススメは夜! 夜だからこその楽しみがナチュラルブリッジにはあるのです。

土ボタル

土ボタルの正体ヒカリキノコバエ、粘液を糸のように垂らし虫を集めるために光る (c) JPT Tour Group

ナチュラルブリッジは、日本語で土ボタル(実際にはヒカリキノコバエの幼虫)と呼ばれるグローワームが生息していることで有名。

この土ボタルが光る理由は、実は粘液を糸のように垂らし、虫を絡めて捕獲しているから。その粘液が光っているので、ナチュラルブリッジの下は全く電気がない状態にも関わらず、プラネタリウムで青白い星がキラキラと輝いているようにロマンチックで幻想的! ナチュラルブリッジに行く途中の亜熱帯雨林の中でもたくさんの土ボタルを観賞できます。

 

ナチュラルブリッジ

昼間のナチュラルブリッジ、足場が悪いので夜の土ボタル観賞には歩きやすい靴で (c) JPT Tour Group

散策には小さい懐中電灯を持って歩きますが、絶対に土ボタルに光を向けてはいけません。土ボタルは光に弱いため、すぐに死んでしまいます。

観賞は夜限定のため、日中と比べてかなり気温が下がります。亜熱帯雨林の中は足場が悪いところもあるため、暖かい服装と歩きやすい靴で。トイレもないのでスタート地点ですませておきましょう。

写真撮影も禁止されているので、思い出はしっかりと目に焼き付けて! 星空もキレイで天気のよい日は日本では見れない南十字星もはっきりと見ることができますよ。

【取材協力】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。