くたくたに疲れて帰ってきたときに、温かいお風呂にすぐ入れるとなんとなく幸せな気持ちになったりしますよね。浴室は心と体をリセットさせてくれる神聖な空間のような気がします。

浴室を大切にしたいという思いは、リフォームにおいても反映されています。古くなった浴室を入れ替えるというだけでなく、ぜいたくな入浴タイムを過ごせるよう設備や付加機能を重視し、浴室をランクアップさせる傾向になってきています。

そこで今回は近頃の浴室リフォームで注目を集めている、高機能なオプションにスポットを当ててご紹介します。

一般的な浴室リフォーム相場は70万~120万円

浴室リフォーム

施主の夢をかなえる豊富なオプションの数々のおかげで、浴室リフォームの可能性が広がっています。(画像提供:株式会社INAX

浴室リフォームで一般的に採用されるのはユニットバス(システムバス)です。防水性に優れ、工期が3日~1週間程度と比較的短く済むため、劣化したタイル仕上げの浴室(在来浴室)からの改装、あるいは古くなったユニットバスの入れ替えなど、リフォームで非常に多く採用されている住宅設備です。

マンションでは0.75坪前後、一戸建てでは1坪前後という広さが一般的で、リフォーム費用は70万~120万円程度となりますが、費用を大きく左右するのが高機能オプション類の数々。オプションの種類と数によっては、リフォーム費用は200万以上になることもあります。

ミストサウナ付き浴室暖房乾燥機はプラス30万円から

ミストサウナ

お肌にやさしいミストシャワーが最高のエステタイムを演出してくれることでしょう。(画像提供:リンナイ株式会社

気軽に自宅でエステ気分を味わえ、発汗作用を高め健康的でストレス解消ができるということで、ミストサウナ機能の付いた浴室暖房乾燥機が、じわじわ人気を集めています。

給水管を直結させる電気式、ガス給湯器やエコキュートの熱源機を使用する温水式とがありますが、浴室リフォームと合わせて給湯機器も一緒に交換するかどうかが設備選定のポイントになります。それぞれ導入費用、ランニングコストに差はありますが、リフォーム費用は通常の浴室工事プラス30万~40万円くらいが一般的です。

【ミストサウナ機能付き浴室暖房乾燥機のオプション費用の相場】
約30万~40万円
※給湯器(またはエコキュート)及び熱源機を別途設置・交換する場合は、さらに約30万~60万円程度の費用が発生します。

次のページでは、「高断熱浴槽」と「ジェットバス」、「浴室オーディオ」についてご紹介します。