入札とは

簡単に言うと、入札とは、欲しい物に購入してもよい値段を、現在価格に上乗せして、購入の意思表示をすることです。

もっと簡単に言うと、出品者が「1,000円から!」と言った商品に
「私は1,300円出してもいいわ」
「オイラは1,500円出すぞ!!」
と、その商品をいくらで買うかを、入札者が金額を提示して「買います」と言うのが入札です。

映画などでもよく見るオークション風景。

そこでは美術品などがオークションにかけられています。「では50万円から」という声とともに、あちこちから「55万!!」「60万!!」「100万」などと声がかかります。「110万円!!!・・・・おっとやっぱり95万で」なんてことはありません。値段がどんどん高くなっていくのがオークションなのです。

ところが・・・

入札した金額を下げることができる?

実はヤフオクでは入札した金額を下げることができます。下げ入札です。入札の常識をひっくり返す入札です。

例えば100円の商品に5,000円で入札をしてしまったとき、「あ。やっぱりそんなに出したくないや」という場合、500円に下げて入札できることがあります

具体的には

まだ誰も入札をしていない開始価格100円の商品に5,000円で入札をします。現在価格は100円で、あなたが最高額入札者になります。5,000円まではあなたに落札の権利があり、他の人が入札するたびに、システムが5,000円まで自動的に競り合ってくれます。

しかし、「出せる予算が500円までだった!!」という場合は、5,000円まで競り合いたくありません。その場合、他の人が入札をする前に、500円で入札し直します。

その時点で、5000円だったあなたの入札額は500円となり、自動入札の限度額は500円までとなります。

これが下げ入札です。

他の人が入札しても500円を超えなければ、あなたに落札の権利があります。他の人が500円を超えた金額で入札をしたら、他の人に落札の権利が移ります。