ネットオークションを楽しもう!

「ネットオークションに参加してみたいけど、ちょっと怖いし不安」
「用語やルールもよくわからないし」

ネットオークションを楽しめるサイトは、いくつかあります。

日本の代表的なオークションサイトは、ヤフオク、楽天オークション、ビッダーズです。

オークションサイトによってルールや用語は多少違いますが、仕組みや流れはほとんど同じです。ちょっとしたコツさえつかんでしまえば、どのオークションサイトでも気軽に参加できます。

個人が家にいながら気軽に楽しめる、それがネットオークションの魅力です。

ネットオークションの魅力

データを削除してから出品
データを残したまま出品しないようにしましょう。
  • 安く買える
  • 欲しいものが手に入る
  • 店頭にないものが探せる
  • お店を探しまわらなくてもいい
  • いつでも24時間楽しめる
これらの魅力に付け加えて
ネットならいつでも好きなときにオークションに参加できる

ということも大きな魅力です。 ネットオークションを利用すれば、欲しいものを探して、足を棒にして歩き回らなくてもいいのです。いくつかの商品を見比べたいとき、リアルな店舗(普通のお店)では、あっちにいったり、こっちに行ったりして、比較しなければなりません。お店の地域が違う場合は一日がかりになってしまいます。

うろうろとショッピングするのも楽しいですが、お腹がすいたからご飯を食べて、疲れたからお茶飲んで、とやっているうちに、安いものを探していたはずなのに、高い買い物になってしまいます。

あげくに、探すのが面倒になって、あまり気に入っていないもので妥協しちゃったり(これ、私 よくやります。歩き回っているうちに、わけわからなくなってしまうんです)。ネットオークションなら、おうちでお茶を飲みながら、ゆったりと探すことができます。

こんないいことに参加しない手はありません。今回は「Yahoo!オークション」「楽天オークション」「ビッダーズ」という代表的なオークションサイトに共通の流れを説明します。

ネットオークションとは?

「オークション」(日本語で「競売」)とは、競り合い 購入価格を決めることです。通常、最終的に高い金額(最高価格)をつけた人に購入の権利が発生します。有名なオークションとしては、Sotheby's(サザビーズ)などがあります。

リアルなオークションでは、会場や開催日時が決まっていて、骨董品や美術品などを競り合うイメージが強いですね。お金持ちがたくさん参加する、豪華なイメージです。

ネットオークションは、もっと気軽なものが主流です。フリーマーケット感覚で参加できるものが多く、個人が個人に販売する場所として活用されています。日本最大規模のヤフオク(Yahoo! オークション)では、1000万点を超える出品があり、巨大なマーケットとなっています。