爬虫類の専門家はこう語る

All About 爬虫類・両生類ガイドの星野氏に、コメントをいただきました。

-----------

爬虫類・両生類ガイド 星野一三雄 氏:

爬虫類・両生類ガイド 星野一三雄 氏
ガイド:星野一三雄 氏

個人的に、オークションで生体を販売するのは反対。

どのような状態で出品者が生体を管理しているのか、まったく不明だから。それに、単なるショップの宣伝にしかなっていないところは、本来のオークションの姿ではないと思う。
※生体に限らないが。

おおむね、ビッダーズの取り組みは評価できる。ただし、以下の2点は改善の余地があるはず。

1.特定危険動物の販売が野放し。

特定危険動物の販売は、購入者がその動物の飼育許可を取得済みの者にしか販売できない。
以下の記事を参照のこと

▽危険動物飼育許可(前編)

▽危険動物飼育許可(後編)・マイクロチップ

2.動物取扱業の許可を得ていない出品者がときどき出ている。

基本方針は「1年間に2回ないし2匹以上の販売は取扱業者でなくてはダメ」のはず。その辺で捕まえた野良ヘビ、野良トカゲ、野良カメ、野良ヤモリを販売するときも同様。

あと、個人的に国内の野生の種類でレッドデータブックとか、稀少動物に指定されているような種も、倫理上、道徳上、出品を規制すべきと思う。

▽動物愛護法改正(前編)(All About 爬虫類ガイド 星野氏)

▽改正動物愛護法下での売買(All About 爬虫類ガイド 星野氏)

まとめ

ペットフードやペットグッズ。意外とかさばるものが多いし、欲しいものが近所の店にない、ということもありがち。「ネットオークションなら欲しいものが安く手に入る」という話もよく聞きます。確かに確かに。

ただ、フードやグッズではなく生体だった場合、それは売り手側の管理のしかたや、買い手側の覚悟や準備など、いろいろな問題がありそうです。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。