商品写真に文字を入れてみよう

「撮影はなんとかできた」「写真に屋号や、商品名などの文字を入れたい」という場合は、高額なソフトが必要?いえいえ、ペイントで簡単にできますよ~。

ペイントで写真を開く

(参考:写真のサイズを変えたいときは「ペイントで画像のファイルサイズを減らす」


●ペイントを起動します。

スタートボタンをクリック
「すべてのプログラム」をポイント(マウスをあわせます)
「アクセサリ」をポイント
「ペイント」をクリック


●ペイントで写真を開く

メニューバーの「ファイル」をクリック
「開く」をクリック
ペイントを起動
「ファイル」をクリックして、「開く」をクリックして、ファイルを開きます。

ファイルの場所を選択します。(デスクトップならデスクトップ)

ファイルを選択します
目的のファイルを開きます。

「開く」をクリックします。
ファイルが開かれました。
画面よりもファイルが大きいので、一部だけが拡大されて見えます。
(参考:余りにも大きいときは掲載できないことがあるので、写真のサイズを変えましょう「ペイントで画像のファイルサイズを減らす」


●写真下を表示させます

右下にあるスクロールボタンを使って、写真下を表示させてください。

スクロールして画像の下部分が見えるようにします。
スクロールして画像の下部分が見えるようにします。

 

写真下に、ショップ名などの文字を入れましょう

●テキストツールを使う

左側ツールボックスの「テキスト」ボタンをクリックします。

ペイント 左側にある「テキスト」ボタンをクリックします。
ペイント 左側にある「テキスト」ボタンをクリックします。

文字を入れたい範囲をドラッグで選択します。

文字を入れたい範囲をドラッグで選択します。
文字を入れたい範囲をドラッグで選択します。

背景を透明にしたいときは、下のボタンをクリックします。

背景を透明に
背景を透明にしたいときは、下のボタンをクリックします。

文字を入力します。この時、ドラッグした範囲外をクリックしないように気をつけましょう。

●枠を広げてみましょう

文字が入りきらない場合は、枠を広げます。
四角の外をクリックしないように、四角の右側、縦の線の真ん中、左右の両矢印になるところにマウスポインタを置きます。

右方向にドラッグします。このときも四角枠の外をクリックしないようにしましょう。しっかり両矢印になるまで待って、ドラッグします。

枠が小さいとき
枠が小さいときは広げましょう。

文字の色やサイズ、フォントの種類を変えましょう

●入力した文字の色を変える

入力した文字の色は、左下のカラーパレットをクリックすることで変更できます。
この画像の場合、背景がグレーなので、文字色を白に変更します。
パレットの「白」をクリックしましょう。


●文字を大きくします

書式バーが表示されていますので、書式バーでサイズの数字を大きくします。
画像では36になっていますが、72にしてみます。

※書式バーが表示されていないときは、メニューバーの「表示」「書式バー」をクリックします。

フォントサイズを変える
フォントの色やスタイルを変えましょう。

●フォントスタイルを変更します

MS UI Gothic になっていますが、 Bookman Old Style にしてみます。
文字が全て表示されなくなってしまいました。
再度フォントサイズを変更するか、枠を広げます。

終了~

変更が終了したら、枠の外をクリックします。
文字が貼り付きます。

保存をして、オークションに使ってみましょう。

■関連記事
商品写真の無断使用を防ぐ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。