外観

外から見ると、一見何のお店か分かりません。


東横線の横浜駅から2駅目、東白楽はのどかな住宅街の広がる、 穏やかな町です。駅を出たら信号を渡り、大通りをまっすぐ歩いて2、3分 のところ。しかし、黒いひさしに黒いフェンス、何の飾りもなく無機質で素っ気無い外観。 知らなかったら気にも止めずに通り過ぎてしまいそうなくらい、 ひっそりと目立たない存在です。 ガラス張りで中はよく見えますが、 がらんとした部屋に、ポツリポツリとものが並んだ風景は、 入るのを一瞬ためらいます。この独特な空間の醸し出すストイックな雰囲気が、 人によっては敷居が高いと感じるかもしれません。 でも、決してそんなことはありません。 まずは鑑賞するような気持ちで、静かに中へ入ってみましょう。


アイヌの言葉の響きに惹かれて

店内
静かな時間が流れています。
以前は不動産屋であり、その後しばらく空き家だったという店内。想像がつきませんが、 もともと天井は緑で壁はオレンジ、 床にはタイルカーペットが敷かれていたんだそうです。 ボロボロだった店内はペンキを塗り替え、床を剥がし、壁には手作りの棚を取り付けました。 シンプルな棚の上には、遺跡のような壺やお皿、様々な写真集や木工に関する専門書、 不思議なフォルムのオブジェなどが並んでいます。

この店のオーナーであるアワヤタケシさんは、木をメインに家具や小物を 制作する作家。最初は作業場兼倉庫のつもりで借りた物件でしたが、 駅からも近く程よいスペースであるため、自分らしい空間を表現する場所 として、オープンすることにしたそうです。 お店の名前は自身の屋号でもある「chikuni(チクニ)」。アイヌ語で「木」を意味します。 アワヤさんは以前よりアイヌの民芸が好きで、様々な本を読んだり、 展示を観に行ったりして知識を深めていました。 「アイヌの民芸はひとつひとつに深い意味があり、知るほどに強く惹かれます。 アイヌの生活に欠かすことのできない、木に対する想いなど、 自分の感覚にも近いものを感じていました。 日本語でも英語でもない、不思議に心地良い言葉の響きも気に入っています」。

店内の様子
様々な国や時代の道具が並ぶ。分からなかったら気軽に聞いてみよう。



空間を動かす、程よいリズムを持ったデザイン

作品
スタッキングもできる椅子。重ねた姿が美しい。
店内にはアワヤさんの作品もちらほらと並びます。 無駄のない直線的なフォルムでありながら、 動きやバランスに遊び感覚が含まれ、どこかリズミカルな印象があります。 木と金属を組み合わせたデザインもアワヤさんらしい発想。 無垢材を使っているためか、 モダンでメカニックな雰囲気の中に、程よいぬくもりや愛嬌が感じられます。
「建築の学校でデザインや空間構成を学んだ経験があるので、 家具や道具の捉え方にも建築的な視点があるかもしれません。 サイズ、高さ、大きさなどに自分なりの法則があります。 基本は自分が欲しいと思うものですが、 空間に動きをもたらすようなものが好きですね。 あと最低限で全てをまかなっているものとか。 また、デザインはあくまでオリジナル。自分らしいデザインを追及していきたいです」。

作品
シャープな中に木が持つ表情の温かさを感じる。鍋敷きや
ペーパーホルダー、まな板など、小物から家具まで幅広く手掛ける。


次ページでは、工房の様子などもご紹介します。