運気の活力の元は火星。精神的なリズム感や癒しの相性のポイントを見ることも可能。さらに、第4ハウスの解釈を加えると・・・

癒しの相性


恋人同士でこの癒しのポイントがかみ合わないと、苦労しますよね。
できれば、このポイントがマッチしていれば、同じ環境でやすらぎを得ることができるのではないでしょうか。

基本的には一緒に過ごすプライベートな時間が多くなる相手ですから、相手選びの際にも重要な要素といえるでしょう。

一般的には、共に過ごす時間を月日や年月をかけて、相手の気持ちの在り様を探りながら、お互いの気持ちがどのような状況下で安らぐことができるのか?把握し合いながら精神的な理解を深めていくわけです。

もちろん、人間の運勢は一定ではありませんので、平穏なときもあれば、波乱含みなときもあるでしょう。相手の意外な一面を垣間見るのは、そのようなときかもしれません。

早期離婚の原因

最近、早期離婚も少なくありませんが、ある意味、こういった特殊な状況下で相手が精神的に変貌する姿が幻滅の原因になっていることも多いようです。

しかしながら、お互い人間ですので精神的な様相といえども、幅はあるわけで、何があっても、いつでも、どこでも、いつまでもニコニコ機嫌が良い人なんてなかなかいませんよね。

では、結局は出たとこ勝負のケースバイケースで考えていかなければ、仕方ないのでしょうか?

精神の揺れの許容範囲
この部分に占い的に着目すれば、そこそこの揺れには、対応できるかもしれません。

さらに、この揺れの質の一致を見出すことができれば、最も有効なデータとなるのではないでしょうか。

ある日、突然、百年の恋も醒めてしまわないためにも・・・