トリノオリンピックは無事に終わり、もはや過去のイベントとしてあまり人々の話題にものぼらなくなってきた今日この頃。

日本勢はかなりの苦戦を強いられる結果となりましたが、紅一点ひときわ活躍が目立ったのはなんといっても荒川静香さんの日本唯一の金メダル獲得でしょう。

昨年(今年の2月3日までをさします)のトリノは日本からみると北西の方角。北西には五黄殺という最大凶の方位エネルギーがめぐり、昨年トリノ入りした選手の中には、どうも体調がすぐれなかったり、自ら失敗をしてしまったりといった傾向が見られたのではないでしょうか?

こと方位学に関して言えば、決して有利とはいえなかった日本の選手団。そのような中、荒川静香さんは目を見張る大活躍をしてくれました!

陰陽五行論から荒川静香さんの成功の秘密を推測してみると...

1981年12月29日生まれの静香さんの宿命図を算出して五行に直すと次のようになります。

生年月日の干支   五行に直した場合    半会した場合
辛 庚 辛       金 金 金         金 金 金
巳 子 酉       火 水 金         金 水 金


丙 癸 辛

中国算命学(陰陽五行論)による荒川さんの宿命の特徴とは?

桃花
荒川さんの宿命はダイナミックで大きなポテンシャルを秘めています
さて、以上の図。何のことやらさっぱりわからないことと思いますが、生年月日によって決まる人間一人ひとりに与えられたエネルギーの配置を示したものなのです。

詳しい説明は省きますが、静香さんの宿命。

もし上記左端の図の左下二段目の巳(火)と酉(金)が半会という特別な関係を発揮すれば、上記中心の五行に直した図の左端下の火が金に変化して、右端の図のような形になります。

静香さんの宿命は特別パワフル!

そうすると、みなさんお気づきかもしれませんが、静香さんの五行に直した上記右端の宿命図。真ん中の下段を除いて全てが金になっていますよね。

これは、金性一気格の破格と呼ばれて、生き方次第では大成功をするポテンシャルを秘めていることが暗示された宿命なんです。

因みにこの一気格。算命学の宿命の中でも最高の宿命とされていて、人生の器が大きく、正しく宿命を燃焼することによりとてつもなく大きな事が出来るといわれているのです。因みに、小泉首相もこの一気格にあたります。

さて、静香さんの場合、この一気格を活かすためにはまずは先ほど説明したように、宿命の中の巳と酉が半会しなくてはなりません。

次のページからは何故静香さんが宿命を活かすことが出来たかを探ります。