温暖な気候に恵まれた、風光明媚な湯河原

温泉地湯河原には様々な温泉が。写真は足湯施設「独歩の湯」

温泉地湯河原には様々な温泉が。写真は足湯施設「独歩の湯」

隣の温泉地・箱根とはうって変わってしっとりと落ち着いた雰囲気の温泉地・湯河原。相模湾を望み、三方を箱根外輪山、伊豆・熱海の山々に囲まれ、一年を通じて温暖な気候の風光明媚なところです。

特に2月中旬~3月上旬にかけては、湯河原梅林の約2000本の紅梅・白梅が見頃となり、まるでピンクのじゅうたんを敷き詰めたような美しい景観に。毎年「梅の宴」というイベントも開催され、行楽客で賑わいます。

千歳川沿いに広がる湯河原温泉は、今から約1200年前に作られた万葉集に詠まれたほどの古湯。明治中期からは閑静な趣を好んで、芥川龍之介や国木田独歩など、多くの文人墨客が訪れました。この地を舞台にした作品も数多く残されています。古き良き時代の面影を今に伝え、どこか雅な趣が漂う湯河原温泉は、静養地として親しまれ続けています。

千歳川の両脇に軒を連ねる湯宿に、のんびり滞在するのもいいものですが、日帰り温泉施設や万葉公園内には巨大な足湯施設「独歩の湯」も用意されているので、気軽に温泉に親しむのもいいでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。