夏を前に、ヘアスタイルを変えて気分転換したいなんて考えている方も多いのではないでしょうか? 皆さんはヘアスタイルを変える時、何を参考にしていますか? 最近は雑誌やネットで、ヘアカタログが大変充実していますが、人気のあるヘアスタイルはたいてい芸能人から発信される事が多ようです。実際、サロンにも気に入った芸能人の切り抜きを持ってくる人や、○○さんのような髪型でお願いしますと注文される人も多くいます。そこで今回は、人気のある髪型をご紹介します。

5位:小顔効果抜群な
山下智久風のヘア


ヘアスタイル
「山下智久ヘア」タイトに分け目をつけないのがポイント。
前髪の中央だけを長めに残してフェミニンな印象のヘアスタイルです。顔周りの毛も長めで、ストレートにしつつ、顔周りを覆うようにシャギーを入れているため、小顔効果があるスタイルです。トップ部分はふんわり柔らかい質感を出すとベターです。

スタイリングは、ドライヤーで完全に乾かした後、ストレートアイロンでまっすぐにします。直毛の人もアイロンを使用するとボリュームを抑えるだけでなく、ツヤを出す事ができます。ただし、アイロンは過度に繰り返すとダメージの原因になりますので気を付けましょう。

【似合う髪形・顔型】
■顔型:卵型、四角型
■髪量:普通~やや少ない
■硬さ:普通~柔らかい
■クセ:なし

【ヘアスタイル情報】
■カット:トップ12cm、前髪15cm、襟足10cm
前髪と、もみあげが長めのマッシュレイヤーベースで、ストレートでも毛束感が出るようにスライドカット
■パーマ:クセ毛の人はストレートパーマ
■カラーリング:10トーンチョコレートブラウン

4位:前髪の自然なアシンメトリーがポイントの
玉木宏風ヘア


ヘアスタイル
「玉木宏ヘア」襟足ともみ上げを長めに残してウルフカットに
前髪のナチュラルなアシンメトリーがポイントです。このとき、髪を立て過ぎずにウルフスタイルをあまり強調し過ぎないように。アシンメトリーは、少し奇抜でカジュアルなイメージがありますが、前髪が斜めに流れやすくする程度に、自然にアシンメトリーに仕上げることで、オデコが少し見えて爽やかで高感度のあるオシャレなヘアスタイルになります。少しだけインパクトのあるオシャレなヘアスタイルです。

スタイリング方法は、ドライヤーで全体を乾かした後、ツヤ系ワックスを中間~毛先にムラなく全体につけていき、ツムジ~前髪に向かって自然に斜めに毛流れを作っていきます。この時に毛を指でつまみながら流れをつけていくと毛束感が出て動きのある軽い質感になります。

【似合う顔型・髪質】
■顔型:卵型、丸型、ベース型、四角型
■髪量:普通~多い
■硬さ:普通~硬い
■クセ:あまりない~直毛

【ヘアスタイル情報】
■カット:トップ8cm、前髪10~5cm、襟足6cm 
全体はレイヤーベースで毛束感が出るようにスライドカットで毛先を細くカットします。
■パーマ:髪質が直毛の人はゆるめのクセ毛風ボディーパーマをかけるとよいでしょう。
■カラーリング:できれば自毛(黒髪)~7トーンブラウン系(暗めのブラウン)


次のページでは、2位と3位のご紹介です。