アジア各国で流行しているブランドとは……

多くのドメスティックブランドが生まれ、ファッション界で高い評価を受けている日本。しかし日本では、ドメスティックブランドというより、ヨーロッパやアメリカなどの海外ブランドが主流となっているのが現状です。

一方、そんな日本をお手本とする香港や台湾では、どのようなブランドやアイテムが流行しているのでしょうか?そこで今回、20~30代の女性を中心とする現地セレクトショップの協力により、香港や台湾のファッショントレンドをキャッチ!

まずは香港トレンドから見ていきましょう。

リッチな香港ファッショニスタが選ぶアイテムとは……


香港では、「MARNI(マルニ)」のアイテムに注目が集まっている。
香港での注目度1位は「MARNI(マルニ)」。「MARNI」は、フェンディーの毛皮部門を担当していた毛皮メーカーの社長夫人であるコンスエロ・カスティリオーニ(Consuelo Castiglioni)によって、1994年に立ち上げられたイタリア発のブランド。特にバッグに人気が集中し、大きなボタンや貝、ウッド調のチャームが印象的な「MARNI」のバッグに加え、エナメル素材のバッグにも注目が集まっています。

a
香港での注目度2位はなんと「Tsumori Chisato(ツモリ チサト)」。
そして注目度2位は、「Tsumori Chisato(ツモリ チサト)」。「Tsumori Chisato」とは、イッセイミヤケのもとでデザイナーとして活躍した、津森千里によって立ち上げられたブランド。少女のようなかわいらしいデザインや柔らかい生地使いが特徴的であり、香港では「Tsumori Chisato」のクローズや小物に人気が集中しています。

日本と同じく香港も、ヨーロッパやアメリカなどの海外ブランドが主流とされるなか、日本のブランドである「Tumori Chisato」が注目度第2位に。

では、日本の影響を最も強く受けていると言われる台湾トレンドでは……