ヴァレンティノのオートクチュールに見る本物の美



本物の美は時代を超える。そう訴えかけてくるのがヴァレンティノのオートクチュールアーカイブ。

ヴァレンティノのブランド創設45周年を記念して、伊勢丹新宿店にて行われている「ヴァレンティノ オートクチュールアーカイブステージ」ではため息すら出るほどの美を堪能することができます。日本に取り寄せられた貴重なアーカイブ作品6点をじっくりと見ていきましょう。

ヴァレンティノによる「魅力的な女性の創造」が実現した、完璧なシルエットのオートクチュール



卓越したドレープ使いの2000年の作品
F/W 2000 "IL DRAPPEGGIO"
卓越したドレープが生み出す洗練されたスーツ

まずは2000年秋冬コレクションとして発表された作品より。卓越したドレープの技法が、洗練された女性像を作り上げています。「魅力的な女性の創造」というヴァレンティノの想いが伝わってくるスーツ。ローマの街を颯爽と闊歩する足音が聞こえてくるようです。


斬新なVカットが目を引く1994年の作品
F/W 1994 "LA SILHOUETTE"
Vカットが目を引くベルベットドレス

続いては1994年秋冬の作品。バックスタイルのVカットが視線を捕らえて離さない斬新なドレスです。上質を極めたベルベットとマニッシュなカフス使いがエレガンスさをより引き立てて。


裾のトリミングがキュートなボリューム感を生む1961年の作品
S/S 1961 "SOVRAPPOSIZIONI"
新鮮なボリューム感を生み出すドレスは46年前の作品!


今から遡ること46年前、1961年の作品ですが今見ても新鮮なボリューム感!チュールを使用したトリミングの重みでシフォンが揺れ、女性のキュートさを描き出しています。

次のページでは時代を彩った3点をさらにご紹介します。「ヴァレンティノレッド」という言葉まで生み出す傑作ドレスも登場!