ウエストをすっきり見せるコーディネート

ウエストを細く見せるには、絶対に仕立てのいいジャケットが必須。コルセットを使ってウエストを締め上げることも、サイズの小さなジーンズを履く必要もありません。今のジャケットは、ひと昔前のメンズライクで寸胴な「背広」とはシルエットが全く違います。肩はぐっとコンパクトになり、アームホールも細くなりました。そしてウエストは本来の位置よりもちょい高め、しかもくびれがはっきりとできています。ジャケットは、着るだけでほっそりしたウエストを作ってくれる、理想のアイテムなのです。

● 理想のジャケットはこれ!
理想のジャケットはこれ!
少し丈が短いのも、ボトムを選ばないから理想的。ジャケット¥68250、ニット価格未定/共にル ヴェルソー ノアール ベルト¥16800/ル ヴェルソー ブルー ジーンズ¥25200(全てラ・フォンタナ・マジョーレ)


●くりを深くした裾
くりを深くした裾
前を留めてもベルトのバックルが見えるように、計算された裾。こういうディテールが格好良さにつながる。


●高めのウエスト位置
高めのウエスト位置
本来のウエストよりも少し高めにくびれを作っているから、バランスがよく見えます。全体的にほっそり見せる計算。



●今年のトレンドも汲んだ「やせジャケット」
今年のトレンドも汲んだ「やせジャケット」裾
トレンドの1つでもあるサファリジャケット。ポイントとなるポケットや、視線を分散させる異素材使いで、これもほっそり効果抜群。128100

*価格は全て税込み



取材協力:ラ・フォンタナ・マジョーレ
●住所 東京都渋谷区恵比寿南1-20-3
●TEL03-3794-4450
●定休日 水曜日
●営業時間 11:00~20:00


恵比寿駅を出て、長く続く坂道を上がったところにある小さなショップ。「シルエットのきれいなパンツを、定番のシャツを、ゆっくり試着して、いっぱい悩んで欲しいから、静かな場所にショップを作りたかった」とオーナーが言うとおり、まるで自分のクローゼットのような場所です。ていねいでプロ意識の高いショップスタッフも、通いたくなるもう1つの理由。







※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。