1ヶ月に1度は、チェックしないと気がすまない渋谷109
時間がなくて21時の閉店間際にタクシーでかけつけることも。

コギャル(古いか!?)の聖地とあなどるなかれ。
そのシーズンの流行アイテムが、ミラノやパリのコレクションが終わった直後に店頭に並びます。

その素早さも魅力ですが、なによりアピールしたいのは安さと、そして抜群のスタイルアップ効果。


平均20歳前後の女の子のおさいふ事情を研究し、しかも彼女たちの

「まずは外見が大事。中身はそれからよ」的
(よい意味です。外見は今の時代、中身をいつわりなくアピールする重要な手段です)
なわかりやすさをよーーく知っている商品作り。


季節の変わり目は、まるでカーディガンのように活用していたJK。軽いしストレッチ効いてるし、毛玉もできないし。これ本当に優秀だった。もう1枚色違いで買っておけばよかった。だって¥2,900だし。



このSK本当に優秀。ヒップ位置が高くできてるから、履くだけでぷりっとおいしいヒップが手に入る。シンプルなタートルニットと、ブーツでややコンサバにもっていきます。


私が先月購入したアイテムの中で大ヒットだったのが、アーミー調のタイトスカート。確か¥4,900。

バックポケットに「ドルチェ&ガッバーナ」とあれば、「そうか…」と思ってしまう完成されたデザイン。

この少しワイルドなスカートがあれば、去年買ったタートルニットもベーシックなブーツも即今年顔に!

もう1着、デニムのタイトジャケットも、ディテールが基本はベーシック。もちろんヘアやメイクも。

そのシンプル服を、毎シーズン「安かわ」な服でフル稼働させる…それが賢いワードローブ活性法です。

しかも「それどこの?かわいい!」って聞かれた時に、
マルキューで」と言えるよくわからない優越感もたまらないしね。

▽関連リンク
渋谷109
大人カジュアル
カジュアルファッション


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。