マンハッタンにスウェーデン旋風 「H&M」の魅力

ニューヨークの5番街にある「H&M」第1号店。
3階建ての巨大ショップにはいつも人でにぎわっている。

NYのマンハッタンを歩いていると、必ずと言っていいほど目にするのが、「H&M」と書かれたビニール袋を持っている人たちです。スウェーデン発の「H&M」(ヘネス&モーリッツ)はヨーロッパを中心に世界で1300店舗を展開している世界的なアパレルショップ大手。マンハッタンだけで8店舗もあります。人気の理由は、何と言っても、トレンドをとらえた最新スタイルの商品が驚くほど安いから!

H&Mディスプレイ
モード、カジュアル、エレガンス、キャリアなどほとんどのジャンルが揃い、サイズも豊富。
写真ベスト(39ドル) ブラウス(29ドル) ショートパンツ(29ドル)というプライスは、ワンシーズンで使い捨てる感覚で、まとめ買いする人が多いのも納得。
もちろん日本でもトレンド物が安く手に入る店は「109」系のショップをはじめ、たくさんあります。でも、サイズが限られているせいで、誰もが買えるわけではありません。
しかし、「H&M」はサイズが大半の商品で6サイズほども用意されているので、様々な体型の人に受け入れられています。品ぞろえの充実ぶりから、利用する年齢層も広く、まるで百貨店のようなにぎわいを演出しています。
売り切れてしまった人気アイテムを追加生産しないで、次から次へと新商品を投入していくのが「H&M」流。

だから、「今、買わなくちゃ!」という気にさせられます。購買意欲をそそる上手な手法です。

その「H&M」がいよいよ2008年秋に日本に上陸するそうです!第1号店は東京・原宿ともささやかれています。3~5階建て程度のビル丸ごとを売り場として構えることが多い「H&M」だけに、日本でもものすごい集客力を発揮しそうです。

ガイドもNYへ行ったときはついつい衝動買いしやすいプライスなので「H&M」で購入してしまいます。今回は、日本上陸に先駆けて、今シーズンにガイドが愛用した「H&M」をご紹介します。

【CONTENTS】
  • Page 1:リトル・ブラックドレス

  • Page 2:ボリューム&レイヤードルック

  • Page 3:個性派におすすめ自己流


  • 今が買い時のリトル・ブラックドレス

    今シーズンからグッと人気が出始めたブラックドレス。中でも注目したいのは、上半身がコンパクトで、まるで子供服のようなバランスが新鮮な「リトル・ブラックドレス」です。丈は短く、ベビードールのように切り替えたウエストの位置は高め。ポイントは全身をブラックでまとめること。ガイドは帽子だけ色を加えてみました。
    リトル・ブラックドレス
    ブラックドレスは39ドル(約4,600円)でした。ポリエステル素材でシワに全然ならないので、クルクル丸められて旅先でも便利。手洗い可能と扱いやすくて重宝しました。 ・ブラックドレス H&M


    ボーダーニット
    ボーダーのニットは「H&M」で29ドル(約3,500円)でした。ゆったりめのシルエットで、ヒップが隠れるくらいの長さ。スキニーパンツとも相性◎。・ニット&ドレス H&M
    「リトル・ブラックドレス」の上に、「H&M」のキラキララメ入りボーダーのニットを羽織っています。この冬にはやったレイヤードスタイルを採り入れてみました。

    様々な表情を魅せることのできる「ブラックドレス」が1枚あると、組み合わせの幅が広がります。

    実はこちらのニットは重ね着専用に使うつもりで、わざと2サイズ上の物を購入しました。サイズ展開が豊富なところも「H&M」の魅力の一つです。

    様々なタイプの服が揃っているので、スタイリングも楽しくなってしまう「H&M」。次のページでは、ファンキーなボリューム&レイヤードルックを提案します!