スカル(どくろ)柄のニット着回し術

最近のトレンドの一つが「キモカワ」(気持ち悪くてかわいい)。不気味っぽいモチーフやグロテスクな柄をあしらったアイテムが人気です。その代表格がスカル(どくろ)柄でしょう。

写真1、ジェレミー・スコットのニット
私が購入したスカル柄のロングニット(写真1)はニューヨークコレクションに参加しているデザイナー、ジェレミー・スコット(jeremy scott)氏の作品です。コレクションでも大きく取り上げられたニットで、ショーでは1枚でミニのワンピースとして披露されました。

一目惚れした理由は何と言っても、NYの象徴である自由の女神の顔がスカルであること! コミカルでいて怖い・・・。キモカワイイ感じとパロディー感覚があふれています。

お腹とお尻が隠れる長さはとっても便利。ちょっと楽に着たいとき、食べ過ぎてお腹が気になるとき、お尻を隠したいときなんかにうってつけです。

これぐらいのロングニットが1枚あると、何かと重宝します。
このニットとくしゅくしゅロングブーツの組み合わせで、3パターンの着こなしを紹介します。

【CONTENTS】
“キモカワ”ジェレミー・スコットのニット着こなし術その1 「マニッシュ&クール」
“キモカワ”ジェレミー・スコットのニット着こなし術その2 「ダウンタウン風カジュアル」
“キモカワ”ジェレミー・スコットのニット着こなし術その3 「キュート&シック」

次のページでは、「マニッシュ&クール」なスタイリングのご紹介です。